MENU
TEL LINE

沖縄県那覇市銘苅 スマイルなごみ鍼灸整骨院

ヘッダー

陣痛促進治療

里帰り出産の治療

 

 

里帰り出産、初めて沖縄に移住した方の治療ついて 那覇市新都心スマイルなごみ鍼灸整骨院

 

 

 

 

 

スマイル鍼灸整骨院グループは、内地からの里帰り出産や内地から沖縄に嫁いだ方の体の治療のお手伝いをしています。

 

 

 

県内から内地へ嫁いだ方、内地から沖縄に嫁ぐ方、引っ越してきた方は、知らない土地での生活や環境が変わる中大変かと思います。

 

 

 

 

妊娠中で体が辛いけどどこに行っていいか分からない時など、まずはスマイル鍼灸整骨院グループにご連絡下さい。

 

 

首里と那覇市新都心に店舗があります。

 

 

腰痛、肩こり、首の寝違え、鍼灸治療、整体、マタニティマッサージ、交通事故治療、美容鍼灸、頭痛治療、自律神経治療、小児はり、学生・子供の治療など体に悩み、痛みがあるときはご相談下さい。

 

 

 

 

健康保険、労災保険、スポーツ傷害保険、自賠責保険など保険治療も受付をしています。

 

病院や、整形外科へ行く前にご相談下さい。

 

那覇市首里本院

 

 

 

 

 

 

月曜~土曜

10時~13時、15時~20時診療受付

 

休診

日曜、GW、年末年始、うーくい(旧盆)

 

駐車場10台完備

 

ゆいレール首里駅徒歩2分、那覇高速自動車道出口5分、首里中学校より徒歩1分

 

☎  098-884-6161

HP 【首里 スマイル】で検索をお願いします。

メール smile_oki_sun@yahoo.co.jp

 

那覇市新都心なごみ店

 

 

月曜~土曜

 

9時~20時診療受付

 

休憩なしでお昼も施術が受けられます!

 

 

休診

 

日曜、GW、年末年始、うーくい(旧盆)

 

 

駐車場完備

 

 

ジミー那覇店隣り、環状2号線沿い、安岡中学校より徒歩2分

 

 

☎  098-862-2080

 

HP 【なごみ スマイル】で検索をお願いします。

 

メール nagomi_oki_sun@yahoo.co.jp

出産予定日が過ぎても陣痛が来ない妊婦さんへ!

•出産予定日を過ぎているのに陣痛が来ない
•また陣痛は来ているのに痛みが弱く、すぐにおさまってしまう…
•赤ちゃんが下がってこない
•子宮口が開いてないと言われてしまった…

「明日が出産予定日なのに陣痛の気配がない」

「妊娠40週目、陣痛が来なくて困っている」

「今日、陣痛が来なければ入院して陣痛促進剤を点滴をすると言われてしまった」

「姉が促進剤の副作用で苦しんだことがあるから、できるだけ使いたくない。
でも予定日が1週間過ぎていてどうしたらいいか・・・」

このようなお悩みで困っている方はいらっしゃいませんか?

妊娠10ヶ月!
いよいよ出産の準備にとりかかるこの時期、陣痛はまだかまだかと待ち構えていることでしょう。

しかし、中には出産予定日前後になっても一向に陣痛が始まらないこともあります。
このホームページを見ているあなたも、陣痛が来なくて焦っている一人ではないでしょうか?

一般的に、出産予定日は生理周期28週の女性の場合 最終月経日-3ヶ月+7日 となります。

病院では陣痛促進剤と入院の準備を進めているけれど私は自然なかたちで出産したいという方。
そんな妊婦さんにお勧めなのが鍼灸治療です。
陣痛促進剤を使用する理由

医学的に、陣痛の誘発や促進が必要なケースは以下の理由です

●陣痛が来る前に破水したのに、陣痛が来ないとき
●予定日を2週間過ぎても陣痛が来ないとき
●陣痛が来ていたのにだんだん弱くなっているとき
●妊娠中毒症などがひどくなって自然な陣痛が来るのを待っていられないとき
などこれらのケースで病院では誘発剤を使わなければ帝王切開しか他に方法がなくなってしまいます。
このような状況になる前に、予定日前後から自然に陣痛が促せるよう、また、母子ともに安全に、安心して出産できるように鍼灸治療をしましょう!

一般的に子宮の収縮力(娩出力)が足りない場合に、陣痛が微弱になります。

治療では「三陰交」というツボにお灸や鍼をして、ホルモンバランスを整え、子宮を収縮させるホルモンが正しく分泌されるよう調整していきます。
このツボには子宮そのものに働きかける作用もありますので、子宮の弾力性を取り戻し、収縮力の弱さを補います。

さらに足先や肩、腰のツボへの刺激で骨盤内の血流を上げ、産道・子宮口を柔らかくし、スムーズな陣痛を呼び込みます。

微弱陣痛はママの栄養不良や疲労、睡眠不足なども原因のひとつと言われます。
予定日から遅れれば遅れるほど、どんどん焦って神経もすり減ってしまい、
これが悪循環になっていることもよくあります。

治療の中でじっくり全身をほぐしながら心身をリラックスさせ、
エネルギーを充填、気力と体力を補充して来るべき陣痛に備えます。

陣痛促進剤を拒んでいると、お腹の中で赤ちゃんが大きくなりすぎて、自然分娩どころか妊娠中毒症になってしまい、母子ともに危険な状態になることもあります。
とはいえ、促進剤を使用した場合、誘発された陣痛は自然陣痛に比べ子宮の収縮回数が多く、より強烈な痛みになりやすいことが知られています。

出産予定日間近なのに陣痛が来ない方、予定日を過ぎてしまった方、

お気軽にお問い合わせください。

ネット予約


古島駅×鍼灸
【2018年5月時点】

不妊治療病院

小児科通院病院

産婦人科通院病院

痛み・症状の治療

  • 変形性膝関節症
  • 変形性股関節症
  • 薬や湿布、注射で治らない痛みの治療
  • スポーツ障害治療

    提携治療院

    埼玉県春日市ケアメディカル鍼灸整骨院

    東京都中央区サンメディカル鍼灸整骨院

    沖縄スマイル鍼灸整骨院

    桜モンデックス訪問マッサージ院

    市川大門鍼灸整骨院

    アイメディカル鍼灸整骨院

    仙台メディカル鍼灸整骨院

    キュアメディカル鍼灸整骨院

    医療法人セントペアレント石間

    伊波レディースクリニック

    提携学校

    フットサル東浜
    九州なでしこクラブ
    ソーフプライア
    きいやま商店
    粒
    鳥心

    交通事故提携法律事務所