TEL TEL

エステティシャンの方の体のケア | 沖縄県那覇市銘苅 スマイルなごみ鍼灸整骨院

ヘッダー

 

エステティシャンの怪我の治療について那覇市新都心スマイルなごみ鍼灸整骨院

 

エステティシャンに起こる体の不調や怪我

 

 

エステティシャンは体を酷使している方が多くいます。

 

 

お客様の肌を健康に保つには、自身の体調管理も大切な仕事の一部です。

 

 

エステティシャンならではの職業病もあります。

 

 

その主な症状としては、手荒れ・腱鞘炎(けんしょうえん)・脚のむくみ・腰痛などが挙げられます。

 

エステティシャンの職業病その1:手荒れ

 

 

 

エステティシャンの職業病:腱鞘炎

 

 

ボディエステの初心者に起こりやすいのが手指の腱鞘炎です。

 

 

 

同じ部位の使い過ぎによる慢性疲労が主な原因で起こります。

 

 

 

手指の筋肉の端に付いている「腱(けん)」は、筋肉と骨をつないでいます。

 

 

 

「腱」は「腱鞘(けんしょう)」という袋に包まれ、手首のところで関節のサポーターである「靭帯(じんたい)」に束ねられています。

 

 

施術経験が少ないうちは、負担になりにくい身体の使い方が身についておらず、手指の力に頼ってしまったり、手指の筋肉そのものが弱いため疲労しやすかったりと、腱のついている関節を動かすときに痛みが生じます。

 

 

 

痛みは炎症のサインと考え、施術時以外も痛むようになったら、無理をせずスマイル鍼灸整骨院グループにご相談下さい。

 

 

腱鞘炎の対策として、まずは痛みや炎症を抑えるためにアイシングをするのがおすすめです。

 

 

 

悪化を防ぐためには、手だけに負担がかからないよう、施術姿勢を見直しましょう。

 

 

 

身体全体をうまく使うためにストレッチをしたり、ボディメカニクスの視点から腰を落として身体全体を使って施術する方法を取り入れたりして、できるだけ楽に施術ができるような方法を見つけてみましょう。

 

 

 

エステティシャンの職業病【腱鞘炎】

 

 

ボディケア、ボディマッサージはエステティシャンの腕や手に負担がかかります。

 

 

 

ボディの施術は、短いもので30分、長いと90分の施術時間です。

 

 

 

ゆっくり時間をかけてお客様をマッサージするので、力を使うことにより負荷がかかりますね。

 

 

 

ですが、これは慣れると力加減が分かってきますし、お客様によってはあまり力を入れないで欲しい、とにかくぐいぐいマッサージをしてくれる方が好きなど、圧の加減が人それぞれなので、誰でも腱鞘炎になるわけではありません。

 

 

しかし、エステティシャンは手に職というだけあって、大事なのは手です。

 

腱鞘炎になってしまっては、自分自身が辛くなってしまうので、ほんの少しでも痛みや動かしにくいなどの違和感を感じたら、スマイル鍼灸整骨院グループに行き診察して頂くと良いでしょう。

 

 

エステティシャンの職業病【腰痛】

 

 

エステティシャンは基本立ち仕事です。

 

 

フェイシャルに関しては、椅子に座って行いますが、ほとんどの時間は立っています。

 

 

似たような姿勢で一日中立っていることは、足腰への負担がありますね。

 

 

腰痛は、ストレッチや筋力をつけておくことで、防ぐことが出来ます。

 

 

腰痛持ちだということは、出来るだけ体を冷やさず、脚を組まずなど、日ごろから出来ることをして悪化させるのを防ぎましょう。

 

ストレッチや筋トレは、腰痛持ちやそうでない方々にもとても有効ですので、ぜひ行ってみて下さい。

 

施術をする際に、踏ん張ることもあると思うので、腰が痛いと余計に辛いと感じてしまうでしょう。

 

痛くて我慢ができないということがないように、日ごろからの腰痛対策をしておくとおすすめです。

 

ストレッチは、お仕事の合間でも気軽にすることが出来ますね。

 

エステティシャンの職業病:むくみ

 

 

 

エステティシャンに起こりやすいむくみの主な原因は「長時間の同じ姿勢」によるもの。

 

 

長時間同じ姿勢で筋肉を動かさないでいると、血液や身体の水分の流れが悪くなり、むくみとなって表れます。

 

 

仕事を始めて間もない場合は、今まで使ってこなかった部位の筋肉疲労により血液や水分の流れが悪くなることもあります。

 

 

対策としては、勤務中であれば引き締め効果のある着圧ソックスを履いたり靴に中敷きを敷いたりして、負担軽減をするのも良いでしょう。

 

ベストなのは“天然のソックス”、すなわち筋力をつけること。

 

仕事中も立ち姿、歩く姿勢を意識して、かかとの上げ下げ運動のような簡単にできることを行いましょう。

 

帰宅後は入浴やセルフマッサージなど、循環を促すケアがおすすめです。

 

 

ほかにも、むくみの原因として「緊張」によるもの、「塩分の過剰摂取」などが挙げられます。

 

慣れない勤務による「緊張」から生じるむくみであれば、ゆったりとした時間を持つとよいでしょう。

 

リラックスし、副交感神経を優位にした状態は末梢の毛細血管を拡張するため、結果的に血液の循環を高めます。

 

 

お客様のなかにも、むくみに悩む方は少なくありません。

 

むくみ予防になるセルフケアを実践することで、お客様へのホームケアに、自信を持って提案できることでしょう。

 

 

エステティシャンの職業病:腰痛

 

 

腰痛の原因は、長時間同じ姿勢でいることや、腰を深く曲げた姿勢を続けること、疲労などが挙げられます。

 

特に施術に慣れないうちは、誤った姿勢を続けることで腰痛を招くことがあります。

 

 

エステティシャンと腰痛

 

多くのエステティシャンが抱える悩みのひとつが、腰痛です。

 

エステティシャンは、立ち仕事が基本となります。

 

フェイシャルエステでは椅子に座って施術をすることもありますが、ボディエステなどたいていの時間は立って施術を行います。

 

1日中似たような姿勢で立っていると足腰への負担は相当なものとなります。

 

またマッサージなどの施術の際は、中腰になって行うこともあるため、足腰を痛めてしまうというエステティシャンは多いようです。

 

腰痛を避けるためには、日頃から運動をして筋力をつけたり、予約の合間に少しでもストレッチをしたりするなどの工夫が必要です。

 

腰痛の対策は腱鞘炎と同様に、身体の一部に負担がかからないよう、施術姿勢を見直すことがポイントです。

 

高さを調節できるベッドであれば、自分の身体に合った高さを把握し、細かく調節して使用するように意識しましょう。

 

施術中は、背筋を伸ばして膝を落とし、身体全体を用いるボディメカニクスを意識します。

 

首や腰を曲げてしまうと、負担がかかり疲労や痛みの原因となります。

 

施術後は可能な限り腰を休めるようにしましょう。

 

加えて、腰痛予防には、日ごろからストレッチを習慣にすること。

 

厚労省では「職場における腰痛予防対策指針及び解説」のなかで、ストレッチのポイントについて以下のように解説しています。

 

 

① 息を止めずにゆっくりと吐きながら伸ばしていく

 

② 反動・はずみはつけない

 

③ 伸ばす筋肉を意識する

 

④ 張りを感じるが痛みのない程度まで伸ばす

 

⑤ 20 秒から30 秒伸ばし続ける

 

⑥ 筋肉を戻すときはゆっくりとじわじわ戻っていることを意識する

 

⑦ 一度のストレッチングで1 回から3 回ほど伸ばす。

 

医療用コルセットや腰痛ベルトは、本来、痛みが強いときに患部を固定して安静を保つための道具です。

 

習慣的に利用していると、自分自身の筋肉が発達せず、かえって弱ってしまう可能性も考えられます。

 

痛みのひどいときには、無理をせず休職することも、長い目でみれば必要です。

 

 

正しい知識とケアで職業病は避けられる

 

 

エステティシャンは美しさを提案する職業です。

 

手荒れや体調不良など、美や健康とかけ離れた姿は見せたくはないもの。

 

職業病についても、正しい知識やケア方法を知っておけば避けることができます。

 

また、仕事を長く続けていくためにも、日ごろから自身のメンテナンスを心がけましょう。

 

 

 

 

首里と那覇市新都心に店舗があります。

 

 

 

 

腰痛、肩こり、首の寝違え、鍼灸治療、整体、マタニティマッサージ、交通事故治療、美容鍼灸、頭痛治療、自律神経治療、小児はり、学生・子供の治療など体に悩み、痛みがあるときはご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

健康保険、労災保険、スポーツ傷害保険、自賠責保険など保険治療も受付をしています。

 

 

 

 

病院や、整形外科へ行く前にご相談下さい。

 

【首里本院】

 

 

 

〒903-0806

 

沖縄県那覇市首里汀良町3-39 1F ゆいレール首里駅 徒歩2分

 

駐車場10台完備

 

診療時間

 

月曜日~土曜日

 

9時~20時受付

 

休診日

 

GW、旧盆、年末年始

 

☎:098-884-6161

 

✉:smile_oki_sun@yahoo.co.jp

 

HP QRコード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【那覇市新都心店】

 

 

スマイルなごみ鍼灸整骨院

 

〒900-0004

 

沖縄県那覇市銘苅3-8-11

 

Jimmy 那覇店隣り

 

環状二号線沿い

 

駐車場2台完備

 

月曜日~土曜日

 

9時~20時受付

 

休診日

 

GW、旧盆、年末年始

 

☎:098-862-2080

 

✉:nagomi_oki_sun@yahoo.co.jp

 

 

QRコード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス

スマイルなごみ鍼灸整骨院

【院 長】渡久地 繁
【住 所】〒900-0004 沖縄県那覇市銘苅3-8-11 ジミー那覇店隣り
【TEL】 098-862-2080
【休診日】 日曜・祝日、年末年始、旧盆
【設備】 お子様連れで通院できます。
受け入れ対象 乳幼児からOK
キッズスペース、ベビーベットあり
 


ネット予約


古島駅×鍼灸
【2018年5月時点】

提携治療院

埼玉県春日市ケアメディカル鍼灸整骨院
東京都中央区サンメディカル鍼灸整骨院
沖縄スマイル鍼灸整骨院
桜モンデックス訪問マッサージ院
大門市川鍼灸整骨院
アイメディカル鍼灸整骨院
仙台メディカル鍼灸整骨院
キュアメディカル鍼灸整骨院
株式会社サンメディケア
医療法人セントペアレント石間
伊波レディースクリニック

提携学校

ゆるり

フットサル東浜
九州なでしこクラブ
save首里城
ソーフプライア
きいやま商店
粒
鳥心

交通事故提携法律事務所

スマイルなごみ鍼灸整骨院に来院している学生の地域の学校

首里高等学校首里東高等学校、真和志高等学校、那覇高等学校、小禄高等学校、那覇西高等学校、那覇国際高等学校、沖縄工業高等学校、那覇商業高等学校、泊高等学校、美里高等学校、コザ高等学校、球陽高等学校、美里工業高等学校、美来工科高等学校、石川高等学校、前原高等学校、具志川高等学校、与勝高等学校、中部農林高等学校、具志川商業高等学校、浦添高等学校、浦添工業高等学校、那覇工業高等学校、陽明高等学校、浦添商業高等学校

スマイルなごみ鍼灸整骨院の患者様、県内ご来院エリア

糸満市、豊見城市、那覇市、浦添市、宜野湾市、沖縄市、南城市、知念村、佐敷村、大里村、八重瀬町、南風原町、与那原町、西原町、北中城村、嘉手納町、うるま市、南大東村、石垣市、名護市、沖縄市、宮古島市、南城市、国頭村、大宜味村、東村、今帰仁村、本部町、宜野座村、金武町、伊江村、嘉手納町、北谷町、中城村、渡嘉敷村、座間味村、粟国村、渡名喜村、北大東村、伊平屋村、伊是名村、久米島町、多良間村、竹富町、与那国町

沖縄県全域からのご来院があります。離島や県外からも患者様がいらっしゃします。