TEL TEL

コンパートメント症候群 | 沖縄県那覇市銘苅 スマイルなごみ鍼灸整骨院

ヘッダー

コンパートメント症候群の治療について 

那覇市新都心スマイルなごみ鍼灸整骨院

 

 

膝から下の下腿部の筋肉は区画を言われるスペースの中に筋肉が入っている状態なのです。

 

 

コンパートメント症候群はこの区画が何らかの原因により内圧が上昇することで筋肉・神経・血管を圧迫しシビレや激しい痛みを起こす疾患をコンパートメント症候群といいます。

 

 下腿にある筋肉は1つの同一空間(大部屋)に存在するのではなく、

 

筋肉を包む筋膜により4つのコンパートメント(区画)に分けられています。

 

 

前方コンパートメント:前脛骨筋、長母趾伸筋、長趾伸筋

 

外側コンパートメント:長・短腓骨筋

 

深後方コンパートメント:後脛骨筋、長母趾屈筋、長趾屈筋

 

 

浅後方コンパートメント:腓腹筋、ヒラメ筋

 

 

打撲・骨折・スポーツなどによる出血で下腿の内圧が上昇し、逃げ場を失った圧力が

 

 

筋肉や神経、血管などを圧迫して発症する病気を「コンパートメント症候群」といいます。

 

 

発症様式によりコンパートメント症候群は慢性型と急性型に分けられます。

 

 

下腿で起こったものを下腿コンパートメント症候群といいます。

 

 

原因

 

 

慢性型はスポーツによっておこることが多く、長時間の運動や激しい筋トレなどによって1次的に筋肉が腫大し、コンパートメント(区画)の内圧が上昇して起こります。

 

 

急性型は骨折時に多く見られ、急激に内圧が上昇します。

 

症状

 

 

慢性型の症状は圧迫部位が硬く張り、押したり、動いたりした際に痛みを伴います。

 

 

また、神経が圧迫を受けているとピリピリとした感覚が伴うことがあります。

 

 

病状が進行すると、感覚喪失、麻痺をきたすようになります。

 

 

 

急性型は上記症状が急速に進行し、放置すると重篤な障害が残ります。

治療

 

 

 

急性型のように急激に腫れて痛みが出たときは直ぐに圧迫部位の筋膜を切開して、圧力を下げる必要があります。

 

 

 

慢性型では原因となっている運動を中止して、安静にすることで快方に向かいます。

 

 

加えて、運動メニューの見直し、前脛骨筋・後脛骨筋・長腓骨筋などのストレッチを行い、

 

予防・改善を行うことが重要です。

 

 

 

ただし、慢性型でも症状が改善しない場合は手術適応の場合があります。

 

 

コンパートメント症候群ってご存知ですか?

 

 

これは誰にでも起こる可能性のある疾患なので、知っておいて損はないと思います。

 

 

 

コンパートメント症候群を漢字で表すと、『 筋区画症候群 』といいます。

 

 

 

今回は下腿のコンパートメント症候群について説明していきます。

 

 

 

下腿部の区画は全部で4つあり、前方区画・側方区画・浅後方区画・深後方区画に分けられます。

 

 

 

図を見て分かるように前方区画が一番コンパートメント症候群を起こしやすい場所なんです。

 

 

 

コンパートメント症候群は慢性型と急性型に分けられ

 

 

 

 

慢性型は運動などで長時間筋肉を使うことで筋肉が肥大し区画内圧が上昇することで、

 

 

 

痛みが出る為それ以上運動ができなくなります。

 

 

 

少し休息を取ると区画内圧が下がる為、

 

 

 

症状は軽減しますが、また筋肉を使い出すと再発するという症状が多いのが特徴です。

 

 

 

急性型は下腿骨折・強い打撲などをした時は内部で出血が起こりますが、

 

 

 

これが区画内で起こることで内圧が上昇する場合や包帯

 

 

 

・サポーター・ギブスなどで患部を固定することで圧迫により内圧が上昇して起こる場合があります。

 

 

 

急性型の恐い所は不可逆性の後遺症(筋肉の壊死)が残る可能性があることです。

 

 

 

※今回は紹介していませんが、

 

 

 

前腕のコンパートメント症候群の後遺症ではフォルクマン拘縮という筋肉が壊死してしまうことがあります。

 

 

 

不可逆性とは一生治らないことを意味します。

 

 

 

さらに、急性型の場合は症状の進行が速いので、激しい痛み・腫れ

 

 

 

・感覚異常などを感じたらすぐに病院へ相談して下さい。

 

 

 

 また、正確な診断には区画内圧を測る特殊な検査が必要となるので、

 

 

 

整形外科・病院を受診して下さい。

 

 

 

慢性型の場合は接骨院でも治療することができますが、

 

 

 

急性型の場合は固定などをした後に痛みが強くなったら要注意です

 

 

 

 

是非一度ご相談ください。

 

 

 

腰痛、肩こり、首の寝違え、鍼灸治療、整体、マタニティマッサージ、交通事故治療、

 

 

 

美容鍼灸、頭痛治療、自律神経治療、小児はり、学生・子供の治療など体に悩み、痛みがあるときはご相談下さい。

 

 

 

健康保険、労災保険、スポーツ傷害保険、自賠責保険など保険治療も受付をしています。

 

 

 

病院や、整形外科へ行く前にご相談下さい。

 

 

 

首里と那覇市新都心に店舗があります。

 

 

 

【首里本院】

 

 

 

〒903-0806

 

沖縄県那覇市首里汀良町3-39 1F ゆいレール首里駅 徒歩2分

 

駐車場10台完備

 

診療時間

 

月曜日~土曜日

 

10時~13時  15時~20時受付

 

休診日

 

日曜、祝日、GW、旧盆、年末年始

 

☎:098-884-6161

 

✉:smile_oki_sun@yahoo.co.jp

 

HP QRコード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【那覇市新都心店】

 

 

スマイルなごみ鍼灸整骨院

 

〒900-0004

 

沖縄県那覇市銘苅3-8-11

 

Jimmy 那覇店隣り

 

環状二号線沿い

 

駐車場2台完備

 

月曜日~土曜日

 

9時~20時受付

 

休診日

 

日曜、祝日、GW、旧盆、年末年始

 

☎:098-862-2080

 

✉:nagomi_oki_sun@yahoo.co.jp

 

 

QRコード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス

スマイルなごみ鍼灸整骨院

【院 長】渡久地 繁
【住 所】〒900-0004 沖縄県那覇市銘苅3-8-11 ジミー那覇店隣り
【TEL】 098-862-2080
【休診日】 日曜、祝祭日、年末年始、旧盆
【設備】 お子様連れで通院できます。
受け入れ対象 乳幼児からOK
キッズスペース、ベビーベットあり
 


ネット予約


古島駅×鍼灸
【2018年5月時点】

不妊治療病院

小児科通院病院

産婦人科通院病院

痛み・症状の治療

  • 変形性膝関節症
  • 変形性股関節症
  • 薬や湿布、注射で治らない痛みの治療
  • スポーツ障害治療

    spanish

    chinese

    korea

    台湾

    提携治療院

    埼玉県春日市ケアメディカル鍼灸整骨院

    東京都中央区サンメディカル鍼灸整骨院

    沖縄スマイル鍼灸整骨院

    桜モンデックス訪問マッサージ院

    大門市川鍼灸整骨院

    アイメディカル鍼灸整骨院

    仙台メディカル鍼灸整骨院

    キュアメディカル鍼灸整骨院

    株式会社サンメディケア

    医療法人セントペアレント石間

    伊波レディースクリニック

    提携学校

    ゆるり

    フットサル東浜
    九州なでしこクラブ
    save首里城
    ソーフプライア
    きいやま商店
    粒
    鳥心

    交通事故提携法律事務所