MENU
TEL LINE

沖縄県那覇市銘苅 スマイルなごみ鍼灸整骨院

ヘッダー

筋肉痛治療

筋肉痛がでた時はスマイルなごみ鍼灸整骨院で治療を!!!

よく言われる筋肉痛の原因は、トレーニングによって筋繊維が傷つき、それが筋肉痛の原因になるというものです。
他にも、運動によって疲労物質が蓄積や、発痛物質が発生することが原因と言われることもあります。

筋肉痛の治し方

 

筋肉痛を治すのには、しっかりとしたクールダウン、ビタミン類をしっかり摂取して老廃物を流すことです。

 

 

 

 

ストレッチなども良く効きます。

 

 

 

言われる筋肉痛の治し方の真相を解明します。

 

 

筋肉痛のメカニズムを知っておくと、筋肉痛の治し方や予防法を理解しやすいので、まずは筋肉痛が発生するメカニズムを説明していきますね。

 

 

 

あなたが筋肉痛になるとき、運動した翌日などに症状が出ることが多くないでしょうか?

 

 

運動後の筋肉痛は、このように痛みが遅れてやってくるのが特徴で、「遅発性筋肉痛(ちはつせいきんにくつう)」と呼ばれます。

 

 

そんな筋肉痛の痛みが始まるのは、運動してから数時間~2日ほど経ってからです。

 

 

痛みのピークは2~3日後で、1週間以内で治るのが一般的です。それにしても、筋肉痛の症状が出るのに少し時間がかかるのはなぜでしょうか。

 

 

 

 

それには筋肉の構造が関係していたんです。

 

 

 

筋肉痛のメカニズムを知る上で、筋肉の構造について説明していきましょう。

 

 

 

 

筋肉痛が発生するメカニズムは、以下の通りです。

 

 

 

 

筋肉痛が発生する流れ

1.激しい運動で筋線維がダメージを受ける

 

 

激しい運動で筋肉に大きな負荷がかかると、筋線維がダメージを受けて損傷します。

しかし、筋線維には痛みを感じる「痛覚」がありません。

 

 

筋膜には痛覚がありますが、この時点では筋膜には何の変化も起きていません。

 

 

そのため、筋線維がダメージを受けただけでは、私たちは痛みを感じません。

 

 

2.白血球が集まって炎症が起きる

 

 

 

筋線維がダメージを受けると、“炎症”が起こります。

 

 

そして、炎症を起こした筋線維の組織を取りのぞくために、血液中の掃除屋さんである「白血球」が集まってきます。

 

 

 

3.発痛物質が発生して痛みを感じる

 

 

 

ただ、白血球は掃除をすると同時に、腫れや痛みを引き起こす「発痛物質」である「ブラジキニン」や「プロスタグランジン」などを放出します。

 

 

これらの発痛物質は、筋膜にある痛覚を刺激します。

 

 

また、発痛物質は筋線維の腫れも引き起こします。

 

 

 

以上が、筋肉痛がおきるメカニズムです。

 

 

 

筋肉痛のメカニズムがわかれば、筋肉痛を治す方法は理解しやすいです。

 

 

 

筋肉痛を治す方法は、血行促進や栄養補給、睡眠

 

 

 

筋肉痛の痛みを和らげるためには、筋線維のダメージを回復したり、痛みの原因である発痛物質を散らしたりするのが効果的です。

 

筋肉痛を治す方法は、以下の3つです。

 

 

 

1.筋肉の血行を促進させる

 

 

 

2.それを手助けするのが、“栄養分”と“酸素”です。

 


そして、栄養分や酸素を筋線維へと運搬してくれるのは血液です。

 

 

 


ですから、筋線維のダメージを回復するには血行をよくすることが重要です!

 

 

 

 

また、血行が促進されると、発痛物質を患部から散らすことができるので、痛みも軽減することができます。

 

 


血行を促進するには、以下が効果的です!

 

 


ぬるま湯にゆっくりと浸かる。

 


サイクリングなどの有酸素運動やストレッチをする

 

 

 

タンパク質やビタミン類を意識的に摂る

 

 

ダメージを受けた筋線維を早く回復させるためには、栄養補給が欠かせません。

 

 

筋肉痛になったら、以下の栄養素をとくに意識して摂ってみてくださいね。

 

 

タンパク質は筋肉の素となる栄養素で、ダメージ回復に効果的

 

魚や肉、大豆や卵、乳製品などにたくさん含まれています。

 

ビタミンCとビタミンE

 

 

 

ビタミンCとビタミンEは血行促進効果があるので、ダメージ修復を早めてくれます。

 

 

フルーツや生野菜、ナッツ類や植物オイルなどにたくさん含まれています。

 

 

3.睡眠しっかりとる

 

 

疲労回復筋肉の回復には成長ホルモンが大切です。

睡眠
低血糖・空腹
有酸素運動
無酸素運動
入浴
食事
などです。

 

 

 

 

スマイルなごみ鍼灸整骨院では、筋肉痛に対して治療をしています。

 

 

 

早い期間で筋肉痛をとれるように施術をしています。鍼灸治療、整体、骨盤矯正、ほぐし治療、温熱療法など様々です。

 

 

 

是非筋肉痛になったときはご連絡下さい。

 

 

 

 

怪我をしてしまったときは、病院へ行く前に那覇市首里のスマイル鍼灸整骨院へご相談下さい。

 

 

那覇市首里本院

 

 

 

 

月曜~土曜

10時~13時、15時~20時診療受付

 

休診

日曜、GW、年末年始、うーくい(旧盆)

 

駐車場10台完備

 

ゆいレール首里駅徒歩2分、那覇高速自動車道出口5分、首里中学校より徒歩1分

 

☎  098-884-6161

HP 【首里 スマイル】で検索をお願いします。

メール

 smile_oki_sun@yahoo.co.jp

 

 

那覇市新都心なごみ店

 

 

 

 

月曜~土曜

 

9時~20時診療受付

 

休憩なしでお昼も施術が受けられます!

 

 

休診

 

日曜、GW、年末年始、うーくい(旧盆)

 

 

駐車場完備

 

 

ジミー那覇店隣り、環状2号線沿い、安岡中学校より徒歩2分

 

 

☎  098-862-2080

 

HP 【なごみ スマイル】で検索をお願いします。

 

 

メール 

 

nagomi_oki_sun@yahoo.co.jp

 

 

よく言われる筋肉痛の原因は、トレーニングによって筋繊維が傷つき、それが筋肉痛の原因になるというものです。
他にも、運動によって疲労物質が蓄積や、発痛物質が発生することが原因と言われることもあります。
筋肉痛の治し方
筋肉痛を治すのには、しっかりとしたクールダウン、ビタミン類をしっかり摂取して老廃物を流すことです。

ストレッチなども良く効きます。

言われる筋肉痛の治し方の真相を解明します。

筋肉痛のメカニズムを知っておくと、筋肉痛の治し方や予防法を理解しやすいので、まずは筋肉痛が発生するメカニズムを説明していきますね。

あなたが筋肉痛になるとき、運動した翌日などに症状が出ることが多くないでしょうか?
運動後の筋肉痛は、このように痛みが遅れてやってくるのが特徴で、「遅発性筋肉痛(ちはつせいきんにくつう)」と呼ばれます。

そんな筋肉痛の痛みが始まるのは、運動してから数時間~2日ほど経ってからです。
痛みのピークは2~3日後で、1週間以内で治るのが一般的です。それにしても、筋肉痛の症状が出るのに少し時間がかかるのはなぜでしょうか。それには筋肉の構造が関係していたんです。筋肉痛のメカニズムを知る上で、筋肉の構造について説明していきましょう。

筋肉痛が発生するメカニズムは、以下の通りです。

筋肉痛が発生する流れ
1.激しい運動で筋線維がダメージを受ける
激しい運動で筋肉に大きな負荷がかかると、筋線維がダメージを受けて損傷します。
しかし、筋線維には痛みを感じる「痛覚」がありません。
筋膜には痛覚がありますが、この時点では筋膜には何の変化も起きていません。
そのため、筋線維がダメージを受けただけでは、私たちは痛みを感じません。

2.白血球が集まって炎症が起きる
筋線維がダメージを受けると、“炎症”が起こります。
そして、炎症を起こした筋線維の組織を取りのぞくために、血液中の掃除屋さんである「白血球」が集まってきます。

3.発痛物質が発生して痛みを感じる
ただ、白血球は掃除をすると同時に、腫れや痛みを引き起こす「発痛物質」である「ブラジキニン」や「プロスタグランジン」などを放出します。
これらの発痛物質は、筋膜にある痛覚を刺激します。
また、発痛物質は筋線維の腫れも引き起こします。

以上が、筋肉痛がおきるメカニズムです。

筋肉痛のメカニズムがわかれば、筋肉痛を治す方法は理解しやすいです。

筋肉痛を治す方法は、血行促進や栄養補給、睡眠

筋肉痛の痛みを和らげるためには、筋線維のダメージを回復したり、痛みの原因である発痛物質を散らしたりするのが効果的です

筋肉痛を治す方法は、以下の3つです。
1.筋肉の血行を促進させる

2.それを手助けするのが、“栄養分”と“酸素”です。
そして、栄養分や酸素を筋線維へと運搬してくれるのは血液です。
ですから、筋線維のダメージを回復するには血行をよくすることが重要です!また、血行が促進されると、発痛物質を患部から散らすことができるので、痛みも軽減することができます。
血行を促進するには、以下が効果的です!
ぬるま湯にゆっくりと浸かる
サイクリングなどの有酸素運動やストレッチをする

タンパク質やビタミン類を意識的に摂る

ダメージを受けた筋線維を早く回復させるためには、栄養補給が欠かせません。
筋肉痛になったら、以下の栄養素をとくに意識して摂ってみてくださいね。
タンパク質は筋肉の素となる栄養素で、ダメージ回復に効果的
魚や肉、大豆や卵、乳製品などにたくさん含まれています。
ビタミンCとビタミンE

ビタミンCとビタミンEは血行促進効果があるので、ダメージ修復を早めてくれます。
フルーツや生野菜、ナッツ類や植物オイルなどにたくさん含まれています。

3.睡眠しっかりとる
疲労回復筋肉の回復には成長ホルモンが大切です。

睡眠
低血糖・空腹
有酸素運動
無酸素運動
入浴
食事
などです。

ネット予約


古島駅×鍼灸
【2018年5月時点】

不妊治療病院

小児科通院病院

産婦人科通院病院

痛み・症状の治療

  • 変形性膝関節症
  • 変形性股関節症
  • 薬や湿布、注射で治らない痛みの治療
  • スポーツ障害治療

    提携治療院

    埼玉県春日市ケアメディカル鍼灸整骨院

    東京都中央区サンメディカル鍼灸整骨院

    沖縄スマイル鍼灸整骨院

    桜モンデックス訪問マッサージ院

    市川大門鍼灸整骨院

    アイメディカル鍼灸整骨院

    仙台メディカル鍼灸整骨院

    キュアメディカル鍼灸整骨院

    医療法人セントペアレント石間

    伊波レディースクリニック

    提携学校

    フットサル東浜
    九州なでしこクラブ
    ソーフプライア
    きいやま商店
    粒
    鳥心

    交通事故提携法律事務所