TEL TEL

沖縄県那覇市銘苅 スマイルなごみ鍼灸整骨院

ヘッダー

変形性股関節症の治療

変形性膝関節症でリハビリを考えている方は、那覇市銘苅のスマイルなごみ鍼灸整骨院までご相談下さい。

 

 

変形性膝関節症について

 

 

こんな症状でお困りではありませんか?

 

 

  • 歩く時に膝が痛くて、趣味や買い物を楽しめない

 

  • 膝が痛くて深く曲げることができない

 

  • 病院に行ったけど、シップと痛み止めだけで痛みが変わらない

 

  • 階段の上り下りが辛くて、すぐにエレベーターを探してししまう

 

  • 痛みで長い時間歩けず、仕事や家事に支障が出るので早く治したい

 

  • 膝がピリピリと痛んで、サポーターがかかせない

 

一つでも当てはまればご相談下さい。

 

 

変形性膝関節症とは?

 

 

膝になんらかの負担がかかり続けたことで、膝の軟骨がすり減り、骨や関節の形が変わって、痛みが出る状態のことをいいます。

 

炎症が強い方は膝に水が溜まったりしてきて、じっとしていても痛かったり、痛みがさらに強くなります。

 

そのままにしておくと、立ち座りだけではなく、歩くのも大変になってきます。

 

 

一般的な治療院の変形性膝関節症の改善方法は

 

 

病院(リハビリ)や整骨院では、膝に電気をあてたり、筋肉のトレーニングをしたり、関節を動かせるように訓練したり、膝周辺のマッサージをしたり、テーピングをしたりするのが、一般的な治療です。

 

病院ではヒアルロン酸の注射をしたり、水が溜まっている方は注射で抜いたりもします。

 

 

でも原因は膝にないのかも?

 

 

膝に負担がかかっている状態、ましてや痛みがある状態での筋肉トレーニングは逆効果だと考えています。

 

実はあなたの膝が悪いのは膝だけの問題ではないのです!

 

 

年齢?体重?色々な要素が重なりあっています。

 

 

膝に痛みがあると、日常生活に多くの支障が出てしまいます。歩く時だけでなく、寝返りや体勢を変えるだけでも痛みが出てくる方もいらっしゃいます。

 

 

膝の痛みが改善してくると様々なことが充実してきます。

 

 

  • 膝の痛みに悩まされずに、趣味や買い物を楽しめる

 

  • 膝を曲げることが怖くなくなる

 

  • 湿布や痛み止めに頼らない生活を送れるようになる

 

  • 階段がスタスタと上り下りできるようになる

 

  • 膝の痛みに悩まずに家事や仕事に集中できる

 

  • 外出する機会が増え、充実した毎日が送れるようになる

 

那覇市銘苅のスマイルなごみ鍼灸整骨院では、変形性膝関節症で痛めている体を治療していきます。また怪我の予防でしっかりとした体作りもやっています。

 

鍼灸治療、テーピング、整体、超音波治療、骨格矯正など様々な治療で施術します。

 

 

股関節の痛み

 

股関節の痛みの治療について 那覇市新都心スマイルなごみ鍼灸整骨院

 

 

 

 

   

 

 

 

どんな症状?

 

  • しゃがむと脚の付け根が痛い

 

  • 股関節の動きが硬い

 

  • 股間節を動かすと痛みがある

 

  • 長時間の歩行をすると痛みがでる

 

  • あぐらをかくと膝の高さが違う

 

  • 変形性股関節症である

 

原因

 

 

骨盤周り・太ももの筋群の緊張

 

 

股関節を動かす筋肉というのは、骨盤周りから太ももの骨にまたがってついているものがほとんどです。

 

 

身体のバランスをとったり、歩行をしやすくしているのも股関節を動かす筋肉によるものなんです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そのためどうしても骨盤~太ももというのは負担がかかりやすいのです。

 

 

お尻や腰の筋肉、太ももの筋肉がその毎日の負担により緊張してしまい、痛みがでたり、動きが悪くなってしまったりするのです。

 

 

 

 

変形性股関節症の方へ

 

 

変形性股関節症は痛みにより動かすことが億劫になっている方も多いと思います。

 

しかし全然動かさないでいると、身体が使わない部分と判断してしまい、筋肉は強く縮み、より動きが悪くなってしまいます。

 

 

硬くなってしまった筋肉を緩め、痛くない範囲で無理なく関節を動かしていく施術を行っていきます。

 

 

 

人工股関節置換術の手術をされた方へ

 

 

 

当院には人工股関節置換術の手術後にも股関節に痛みがある方がご来院いただいております。

 

 

股関節にアプローチしながらも、負担をかけずに骨盤、全身のバランスを調整することで痛みが軽減されています。股関節痛でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

症状

 

 

股関節症の主な症状は、関節の痛みと機能障害です。股関節は鼠径部(脚の付け根)にあるので、最初は立ち上がりや歩き始めに脚の付け根に痛みを感じます。

 

 

関節症が進行すると、その痛みが強くなり、場合によっては持続痛(常に痛む)や夜間痛(夜寝ていても痛む)に悩まされることになります。

 

 

一方日常生活では、足の爪切りがやりにくくなったり、靴下が履きにくくなったり、和式トイレ使用や正座が困難になります。

 

 

また長い時間立ったり歩いたりすることがつらくなりますので、台所仕事などの主婦労働に支障を来たします。

 

 

 

階段や車・バスの乗り降りも手すりが必要になります。

 

 

原因と病態

 

 

患者さんの多くは女性ですが、その場合原因は発育性股関節形成不全の後遺症や、股関節の形成不全といった、子供の時の病気や発育障害の後遺症が主なもので、股関節症全体の80%といわれています。

 

 

最近は高齢社会となったため、特に明らかな原因となる病気に罹ったことが無くても、年齢とともに股関節症を発症してくることがあります。

 

 

 

 

 

予防と治療

関節は一生に一個しかありませんので、本症と診断されたらまず負担を減らして大事に使うということが大切になります。

 

初期のうちでしたら、どのような使い方をすると痛みが強くなるか良く自分自身の関節の調子を観察していただき、“日常生活”と“痛みを悪くしない使い方”をよくマッチさせることが大切です。

 

 

痛み止めの薬を使うことも選択肢に入りますが、できれば調子の悪い時やどうしても負担をかけなければならない時に限定して使うほうが良いと思います。

 

またもし過体重があるようでしたらダイエットも考えてください。心理的抵抗がなければ杖の使用もお薦めします。

 

 

一方、痛みがあるとどうしても歩かなくなり筋肉が衰えてしまいますので、できれば水中歩行や水泳(平泳ぎを除く)を週2,3回行っていただくと理想的です。

 

運動療法はその他の方法もありますが、運動療法はどうしても疼痛を誘発してしまう可能性がありますので、慎重に始めて徐々に強度を高めていくことがポイントです。

 

 

これらの保存療法でも症状が取れない場合は手術療法を考えます。

 

初期のうちでしたら自分の骨を生かして行う骨切り術の適応ですし、関節の変形がすすんでいる場合は人工股関節手術の適応となります。

 

 

【主な股関節に関わる疾患】

 

変形性股関節症

 

股関節の痛みで先天性股関節脱臼、臼蓋形成不全がほとんどだが、ほかにもペルテス症、大腿骨頭壊死、骨端線離開、外傷などがあります。

 

 

症状は動作の始めに強い痛みがあり、動作中は軽快するが症状の進行とともに痛みは持続的となり、歩行も休みながらでないと不可能になる。

 

 

また夜間痛を覚えることもあります。

 

 

 

 

ペルテス病

 

 

大腿骨頭の阻血性壊死(血液が通わずに細胞が死ぬこと)をきたす疾患で、阻血の病因は 不明なことが多い。4~8歳の子供に起こりやすく男児が女児の5倍近く多いです。

 

 

痛みは運動により増強し、大腿や膝にかけての痛みではじまることが多いです。

 

 

特発性大腿骨頭壊死

 

 

大腿骨頭壊死はアルコールを多く飲む人やステロイドを服用している人に多いと言わ れていますが、正確な原因は不明です。

 

 

突発的な股関節、大腿、膝にかけての痛みがあり、階段の踏み外しや重い物を運ぶときに痛みがあります。

 

 

大腿骨頭すべり症

 

 

はっきりとした原因は不明だが10~16歳の男児、特に肥満児に多く、初発時の痛 みは安静により軽快し、股関節痛や疲労感などで徐々に跛行がみられるようになります。

 

 

 

那覇市新都心のスマイルなごみ鍼灸整骨院では、股関節の痛みの治療に対して鍼灸治療、整体、ストレッチ、超音波治療、骨盤矯正など体の症状に合わせて施術していきます。

 

 

 

痛みがあるときはすぐにご連絡下さい。

 

 

首里と那覇市新都心に店舗があります。

 

 

腰痛、肩こり、首の寝違え、鍼灸治療、整体、マタニティマッサージ、交通事故治療、美容鍼灸、頭痛治療、自律神経治療、小児はり、学生・子供の治療など体に悩み、痛みがあるときはご相談下さい。

 

 

健康保険、労災保険、スポーツ傷害保険、自賠責保険など保険治療も受付をしています。

 

 

病院や、整形外科へ行く前にご相談下さい。

 

 

変形性股関節症の痛みのでリハビリを考えている方は、那覇市銘苅のスマイルなごみ鍼灸整骨院までご相談を。

このようなお悩みはありませんか?

  • 爪切りや靴下を履く体勢が辛い
  • あぐらをかけない
  • 階段の昇降や車の乗り降りが辛い
  • 痛みで寝返りがしにくい
  • 歩行困難である

 

 

 

股関節が痛くなる代表的な病気です。

 

 

 

関節を滑らかに動かすために骨の表面を覆ってクッションの働きをしている「関節軟骨」が、何らかの理由によりすり減ってしまうために起こります。

 

 

 

 

日本では、生まれつき股関節の作りにやや問題がある「先天性股関節脱臼」や「先天性臼蓋形成不全」などのある人が後年変形性股関節症を発症するケースが多いですが、そういった股関節の異常のない人が老化などにより変形性股関節症になることもあります。

 

 

 

 

発症する時期は10代~老年まで様々ですが、しかし臼蓋形成不全等があっても10代・20代の頃は痛みなどの不具合を感じないことが多く、30~40代で変形性股関節症を発症することが多いようです。

 

 

 

 

女性に多い変形性股関節症

変形性股関節症は女性に多い病気です。

 

 

「先天性股関節脱臼」や「先天性臼蓋形成不全」が女の子に多いこと、女性は男性に比べ関節が緩く周囲の筋力も弱いこと、また女性は骨盤が横に広いので身体の中心線から股関節が遠くなるとより大きな力がかかること、などが関わっていると考えられています。

 

 

 

 

●変形性股関節症の主な症状

○腰から股関節、太ももの痛み

初めは運動後や長く歩いた後などに、股関節に限らずお尻や太もも、ひざの上などに鈍痛が出ることが多く、この痛みは数日すると治まります。

 

 

 

少し症状が進むと、動き出すときに股関節辺りに痛みを感じる「始動時痛」を感じるようになります。痛む箇所は次第に股関節周りに限定されていきます。

 

 

 

 

さらに進むと動かしたり歩くと股関節の前後が痛む、一休みしないと歩けない、などの痛み「運動痛」が出るようになります。

 

 

 

最終的には安静にしていても痛むようになり、痛みの程度もだんだんと強くなります。

 

 

 

股関節に水がたまって腫れたり、夜間などにも痛みが出て睡眠が妨げられるようになることもあります。

 

 

 

○動きの制限、股関節が動かしにくくなる

 

 

痛みが強くなるのにつれて、靴下が履きにくくなったり大きな段差が上りにくくなったりと、股関節の動きも悪くなってきます。

 

 

 

 

痛みから関節を動かさずにいると筋肉が硬くなり動きが悪くなる「関節拘縮(かんせつこうしゅく)」が起こり、深く曲げたり足を開くなどが苦痛になってきます。

 

 

 

 

また、拘縮がひどくなると骨盤が傾いて悪い方の足が短くなったように感じられるようになります。

 

 

 

 

 

●なぜ変形性股関節症になるのか?

股関節は骨盤(腰の骨)と大腿骨(ふとももの骨)の継ぎ目にあたり、骨盤側のおわん状の臼(うす)のようなくぼみ「寛骨臼(かんこつきゅう)」に、大腿骨の先端の球状の頭のような部分「大腿骨頭(だいたいこっとう)」がはまり込んでいます。

 

 

 

 

このような形状の関節を「球関節」「臼関節」と呼び、前後左右ナナメ・・と色々な方向に動かすことができる構造です。

 

 

 

 

■股関節のしくみ

骨盤側のくぼみ(=寛骨臼)も、大腿骨の先端部(=大腿骨頭)も、いずれも関節軟骨という弾力性のある組織に覆われていて、関節が滑らかに動くようになっています。

 

 

 

 

 

骨盤側のくぼみ(=寛骨臼)は深いおわん状で、広い面積で大腿骨頭と接して体重を受けるので負荷が分散されて、クッション役の関節軟骨もすり減らずに長く使い続けることができるのです。

 

 

 

 

また、股関節は関節包(関節を包む袋状のもの)やじん帯、筋肉などにより支えられており、簡単には外れないようになっています。

 

 

 

 

■関節軟骨がすり減ることで発症

 

衝撃を吸収し関節を滑らかに動かす役割の関節軟骨。

 

 

 

これが何らかの理由によりすり減り壊れることで「変形性股関節症」になります。

 

 

 

 

関節症は体重のかかる関節に起きやすく、他にもひざや脊椎、肘、手指などにも起こります。

 

 

 

過度の負荷が繰り返し加えられたり、外傷などによって軟骨は変性しすり減ります。

 

 

 

 

加齢とともに軟骨のクッション性や修復能力も衰えていくので変性がより起きやすくなります。

 

 

 

 

外傷などの場合を除けば、軟骨がすり減るには通常は長い時間がかかります。

 

 

 

●変形性股関節症の治療

 

 

 

大きく分けて「保存療法」と「手術療法」の2つの治療法があります。

 

 

 

1.保存療法

 

 

 

保存療法の様子をみて、結果が芳しくない場合に手術が検討されます。

 

 

 

症状が殆ど出ていない場合でもよい状態を維持するために、また手術をすすめられた場合でも進行を遅らせるためや人工関節を長持ちさせるなど状態をよりよく保つために保存療法が必要です。

 

 

 

○体重コントロール

 

 

股関節にかかる負荷は体重の3~10倍。

 

 

体重が増えれば股関節への負荷が増えるので、食事制限と運動療法などを組合わせての体重コントロールが必要。

 

 

 

 

○負荷を減らす日常生活の工夫

 

 

運動などをがんばり過ぎない、痛むときは安静にする、外出する時には杖を使うなど、無理をせず痛みを避け負荷を減らす。

 

 

 

 

どのくらい歩いたら痛みが出るなど限界を知りセルフコントロールする。

 

 

寝起きやトイレ、入浴、家事なども、動作を工夫して痛みを避ける。

 

 

 

 

○運動療法、温熱療法などの理学療法

 

 

股関節症の患者さん向けの筋力トレーニングやストレッチ、ウォーキング、プールでの水中運動など。筋力の維持、拘縮の改善、関節の血行改善、気分転換、肥満防止に。

 

 

 

 

○薬物療法

 

 

急性期の痛みや進行期や末期の強い痛みなどのときに消炎鎮痛剤など。進行がわかりにくくなるので頼りすぎないように。

 

 

 

 

2.手術療法

 

 

 

 

保存療法での改善がない場合には手術が検討されます。

 

 

 

それぞれの手術の特徴・問題点と、進行の程度や年齢、社会的・家庭的環境などを考慮して検討します。

 

 

 

○関節を温存する手術

 

 

 

骨を切って股関節の形や負荷のかかる方向を改善させる手術。

 

 

 

寛骨臼回転骨切術、骨盤骨切り術、内反骨切術、外反骨切術 など

 

 

 

 

○関節を廃絶する手術

 

 

 

自分の股関節をあきらめて、関節を固定したり人工のものに置換えたりする手術。

 

 

 

人工関節置換術、股関節固定術 など

 

 

 

 

那覇市銘苅のスマイルなごみ鍼灸整骨院では、変形性股関節症の方の治療や、リハビリも施術しています。また怪我の予防でしっかりとした体作りもやっています。

 

 

 

鍼灸治療、テーピング、整体、超音波治療、骨格矯正など様々な治療で施術します。

 

 

 

股関節の痛みでお困りの時は、ご連絡・ご相談下さい。

 

 

 

ネット予約


古島駅×鍼灸
【2018年5月時点】

不妊治療病院

小児科通院病院

産婦人科通院病院

痛み・症状の治療

  • 変形性膝関節症
  • 変形性股関節症
  • 薬や湿布、注射で治らない痛みの治療
  • スポーツ障害治療

    提携治療院

    埼玉県春日市ケアメディカル鍼灸整骨院

    東京都中央区サンメディカル鍼灸整骨院

    沖縄スマイル鍼灸整骨院

    桜モンデックス訪問マッサージ院

    大門市川鍼灸整骨院

    アイメディカル鍼灸整骨院

    仙台メディカル鍼灸整骨院

    キュアメディカル鍼灸整骨院

    株式会社サンメディケア

    医療法人セントペアレント石間

    伊波レディースクリニック

    提携学校

    ゆるり

    フットサル東浜
    九州なでしこクラブ
    save首里城
    ソーフプライア
    きいやま商店
    粒
    鳥心

    交通事故提携法律事務所