MENU
TEL LINE

沖縄県那覇市銘苅 スマイルなごみ鍼灸整骨院

ヘッダー

2019年 7月

料理人の方の体の痛みの治療(pain-in-the-body-of-the-cook)

 

料理人の方は長時間の立ち仕事、重い食器や調理器具を持ち上げて料理を作っています。とても体に負担がかかっています。

 

 

 

料理人の方の体の痛みランキング

 

 

 

1位・・・腰痛

 

 

立ち仕事で腰に負担がかかってきます。

 

 

さらに重い調理器具を持ち上げてとても腰にかかる負荷は大きいです。ひどくなると坐骨神経痛、ヘルニアなどになり痺れて仕事に支障が出てきます。

 

 

 

2位・・・腱鞘炎

 

 

鍋やフライパン、固い野菜などを包丁で切ろうとするとき手首や肘にかかる負担はとても大きいです。

 

 

 

毎日同じ動きや道具を使って負担が溜まって痛みがでてきます。

 

 

 

 

悪化すると道具が持てなくなり、料理人生命に関わってきます。

 

 

 

 

3位・・・冷えやむくみ

 

座れない時間が続くと足元から冷えてきます。

 

 

 

 

火を使って顔は熱いのですが、足元がとても寒くなって冷たくなります。

 

 

 

血流も悪くなり夜が眠れなくなってきます。

 

 

 

 

スマイルなごみ鍼灸整骨院では、調理場で頑張っている料理人の方の体をサポートしています。

 

 

 

 

腰痛、坐骨神経痛の方には、整体、鍼灸治療、テーピング、骨盤矯正など原因や症状、体質を検査し治療をしていきます。

 

 

 

立ち仕事の方専用のコルセットも販売しています。

 

 

 

腱鞘炎の方には、テーピング、ストレッチ、手技療法、などをして改善目指します。

 

 

冷え性、むくみの方にはストレッチやほぐし、お灸や温熱療法で治療をしていきます。

 

 

 

 

 

 

料理人の方は日々料理を作るために体を酷使し続けています。

 

 

 

痛みがなく、普段普通に生活していたら意識しづらい体の症状なのですが、頻繁に体を使っている限り怪我になるリスクは誰しも抱えています。

 

 

 

だからこそ日頃からケアをしていれば未然に防げます。

 

 

 

 

「自分はならないだろう」と言っているがほとんどなので、日頃からしっかり予防をして気を付けましょう。

 

 

 

The cooks cook for long standing work, lifting heavy dishes and utensils.

 

 

 

My body is very expensive.

 

 

Pain ranking of the body of the cook

 

 

1st place … back pain

 

 

 

I feel a burden on my lower back at work. In addition, lifting the heavy cooking equipment is very heavy on the waist.

 

 

 

 

If it gets worse, sciatica, hernia etc.

 

 

 

 

will become numb and work will be disturbed.

 

 

Second place · · · tendonitis

 

 

 

The load on the wrists and elbows is very large when trying to cut pots, pans and hard vegetables with a kitchen knife.

 

 

 

 

The burden is accumulated every day using the same movement and tools, and pain occurs.

 

 

 

 

 

If it gets worse, you can not have tools and you will be involved in the cook’s life.

 

 

 

 

Third place ・ ・ ・ cold and dry

 

 

 

It will be chilling from your feet when the time you can not sit continues.

 

 

 

My face is hot with fire, but my feet get very cold and get cold.

 

 

 

My blood flow is bad and I can not sleep at night.

 

 

 

At Smile Nagoshima, we support the body of the cook who is working hard in the kitchen.

 

 

 

 

 

For low back pain and sciatica, we will examine and treat causes, symptoms, constitution, etc. such as body preparation, acupuncture, taping, pelvic correction.
We also sell corsets dedicated to standing workers.

 

 

 

 

 

For those who have tendonitis, we aim to improve by taping, stretching, and medical treatment.

 

 

 

 

If you are cold or swollen, we will treat with stretching, loosening, acupuncture and hyperthermia.

 

 

 

 

The cooks continue to overwork the body to make food daily.

 

 

 

 

There is no pain and it is a symptom of the body that is hard to notice if you usually live normally, but as long as you use your body frequently, you have the risk of getting injured.

 

 

 

 

 

That is why if you take care on a regular basis, you can prevent it.

 

 

 

 

 

As you say, “I will not do it,” I will usually take good care and prevent it on a regular basis.

 

 

 

 

肩・肘の痛みや違和感に効果的なスマイルなごみ鍼灸整骨院のウェイトリフティング治療

 

 

ウェイトリフティングは選手を体重別に分け、バーベルをスナッチとクリーン&ジャークの二つの方法で各3回ずつ挙上し、そのうちの最高挙上記録で順位を決める競技です。

 

 

 

ウエイトリフティングを始めるのに必ず持っておくべき身体機能は、体の柔らかさです。

 

 

 

太く大きな筋肉や運動神経ではなく自分の体を知り、準備することが大切です。

 

 

 

 

スナッチ の受け取り姿勢

 

 

いかにしゃがんだ状態で重りを支えられるかが高重量を持ち上げる一番のカギであり、安全性の面でも最重要となります。

 

 

 

この時に痛めやすいのが腰と肩、膝などが多く痛めやすいです。

 

 

 

負担が各関節にかかり捻りやすくなっています。しっかりサポーター、補助具をつけてやりましょう。

 

 

 

ウエイトリフティングの種目は競技種目としては「スナッチ」「クリーン&ジャーク」と分かれています。

 

 

 

どの競技も持ち上げてキャッチするときにどの状況でも関節、筋肉にはとてつもない重さがかかってきます。

 

 

 

痛めてしまったときは必ず精密検査をしましょう。

 

 

そして整骨院へいって怪我の治療や体のコンディション調整をしましょう。

 

 

 

 

膝を痛めた時に

 

 

膝の回復とともにウエイトリフティング種目の練習も解禁していく訳ですが、まずはそれぞれの種目は膝の可動及び筋力がある程度戻ってからの練習再開は言うまでもありません。

 

 

 

再開時は高重量は扱いません。

 

 

 

自分の体重以下で、膝のアライメントに気を付けながら、たくさん動かしていきます。

 

 

 

例えばさび付いて動かなかったものをいきなり大きな力で動かせば壊れるのは当然です、油を指しながら少しずつ、そしてたくさん動かして、それで問題なく動くようになってから力を掛ける、それは膝も同じだと思います。

 

 

 

怪我からの再開で何が大事かと言えば「きちんと動くこと」です。

 

 

 

そのためには動かすことが優先です。(重量は優先ではありません)

 

 

動くようになってから筋力を付けていき、重量を上げていくのが膝を守るには良いのではないかと思います。

 

 

 

そのための判断基準を一つ。

 

 

「最初からローキャッチをやらせる」

 

 

若いころから選手をやっている人は大体この意見に異議を唱えます。

 

 

でも本当に膝が大事なら、最初からローキャッチをやらせるところで指導を受けてはならないのです。

 

 

大事なことですが、最初はしゃがみは浅めに、徐々に膝周辺組織を慣らしていきながら深くしていきます。

 

 

再開だからと言っていきなり深くやれば当然膝は再び壊れます。

 

 

 

スマイルなごみ鍼灸整骨院での治療は、痛めた部位に対して、鍼や整体などでしっかり痛みを緩和して競技を続けながらの治療を心がけています。

 

 

 

きちんと完治させないと後遺症が残ってしまうことも御座いますので、那覇市新都心のスマイルなごみ鍼灸整骨院で適切な治療を受けるようにしてください。

 

 

首里と那覇市新都心に店舗があります。

 

 

 

腰痛、肩こり、首の寝違え、鍼灸治療、整体、マタニティマッサージ、交通事故治療、美容鍼灸、頭痛治療、自律神経治療、小児はり、学生・子供の治療など体に悩み、痛みがあるときはご相談下さい。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

健康保険、労災保険、スポーツ傷害保険、自賠責保険など保険治療も受付をしています。

 

 

病院や、整形外科へ行く前にご相談下さい。

 

 

那覇市首里本院

 

 

 

 

 

 

月曜~土曜

 

 

10時~13時、15時~20時診療受付

 

 

休診

 

 

日曜、GW、年末年始、うーくい(旧盆)

 

 

駐車場10台完備

 

 

 

ゆいレール首里駅徒歩2分、那覇高速自動車道出口5分、首里中学校より徒歩1分

 

 

 

☎  098-884-6161

 

 

HP 【首里 スマイル】で検索をお願いします。

 

 

メール smile_oki_sun@yahoo.co.jp

 

 

 

 

那覇市新都心なごみ店

 

 

 

 

 

 

月曜~土曜

 

 

9時~20時診療受付

 

 

休憩なしでお昼も施術が受けられます!

 

 

休診

 

 

日曜、GW、年末年始、うーくい(旧盆)

 

 

駐車場完備

 

 

ジミー那覇店隣り、環状2号線沿い、安岡中学校より徒歩2分

 

 

☎  098-862-2080

 

 

HP 【なごみ スマイル】で検索をお願いします。

 

 

メール nagomi_oki_sun@yahoo.co.jp

 

 

キックボクシングでの怪我の治療はスマイルなごみ鍼灸整骨院へ

 

 

 

 

キックボクシングはボクシングと違い大きなグローブとヘッドギアをつけてスパーリングをします。

 

 

 

キックボクシングは、素足なので足の皮がむけることもあります。

 

 

前蹴りを出して、相手が肘でブロックされると骨折する可能性があります。

 

 

また、膝蹴りで肋骨にヒビが入ってしまったり、相手に膝で蹴りをカットされたときも怪我をしたやすいです。

 

 

 

首をつかんで相手を攻撃したりもします。

 

 

 

 

 

多くは打ち身や打撲が多くとても痛みが続きます。

 

 

もし怪我をしたときは必ずアイシングをして患部を安静にして下さい。

 

 

骨折の場合は、必ず病院へ行きレントゲンやMRIを撮り固定をして下さい。

 

 

 

新都心のスマイルなごみ鍼灸整骨院で治療は、超音波治療や鍼灸治療、整体をしてトレーニングで使った筋肉をケアしていきます。

 

 

そしてつねに怪我をしない体、パフォーマンスを高い意識でもてるように治療していきます。

 

 

痛みの原因を探っていき、早期回復・根本治療につとめております。

 

 

 

 

全身のバランスを調整することによって、正しい身体の使い方が出来るようになり、一部分にばかり負担をかけることなくスムーズな動きを実現できます。

 

 

県内では、那覇市首里にあるクロスライン様、宜野湾市のDROP様、浦添市の真樹ジム様のジム生、選手の方は特別価格で施術が受けられるようになっています。

 

 

好きな格闘技を続けていくには、健康な体、精神が必要です。

 

 

ぜひスマイル鍼灸整骨院グループでお手伝いをさせて下さい。

 

 

提携団体、ジムも募集をしています。ご連絡下さい。

 

 

担当者から折り返し連絡をします。

 

 

宜しく御願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

首里と那覇市新都心に店舗があります。

 

 

腰痛、肩こり、首の寝違え、鍼灸治療、整体、マタニティマッサージ、交通事故治療、美容鍼灸、頭痛治療、自律神経治療、小児はり、学生・子供の治療など体に悩み、痛みがあるときはご相談下さい。

 

 

健康保険、労災保険、スポーツ傷害保険、自賠責保険など保険治療も受付をしています。

 

 

病院や、整形外科へ行く前にご相談下さい。

 

 

那覇市首里本院

 

 

 

 

月曜~土曜

 

10時~13時、15時~20時診療受付

 

休診

 

日曜、GW、年末年始、うーくい(旧盆)

 

駐車場10台完備

 

ゆいレール首里駅徒歩2分、那覇高速自動車道出口5分、首里中学校より徒歩1分

 

098-884-6161

 

HP 【首里 スマイル】で検索をお願いします。

 

メール smile_oki_sun@yahoo.co.jp

 

 

那覇市新都心なごみ店

 

 

 

月曜~土曜

 

9時~20時診療受付

 

休憩なしでお昼も施術が受けられます!

 

 

休診

 

日曜、GW、年末年始、うーくい(旧盆)

 

 

駐車場完備

 

 

ジミー那覇店隣り、環状2号線沿い、安岡中学校より徒歩2分

 

 

098-862-2080

 

HP 【なごみ スマイル】で検索をお願いします。

 

 

メール nagomi_oki_sun@yahoo.co.jp

 

那覇市銘苅のスマイルなごみ鍼灸整骨院のサーフィンでの怪我

 

 

 

 

サーフィンのやりすぎでの怪我で代表的なのは、主に椎間板ヘルニア、頚椎ヘルニア、肩痛、膝痛などです。

 

 

 

スポーツ中の膝の怪我の原因の一つとして、「Knee-In」といわれる膝を内側に入れる肢位が良くないとされていますが、アルペン・スキーやサーフィンなどは「Knee-In」でないと出来ないスポーツなので、膝の内側にあるMCLの損傷を起こす危険性が高いスポーツといえます。

 

 

 

 

 

膝の怪我は、テイクオフなどで膝の安定性を担うとても大事な関節です。

 

 

 

スマイルなごみ鍼灸整骨院では、ケガをした直後はアイシング、固定など安静にしてパフォーマンスを落とさないように心掛けています。

 

 

 

 

 

 

「最初の処置が肝心です」

 

 

 

スポーツをされている方は特に捻挫を起こしやすいと言えます。

 

 

捻挫をしているのに、試合が控えているから…と、とりあえずテーピングなどで応急処置をして無理をしてスポーツを続けている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

 

きちんと完治させないと後遺症が残ってしまうことも御座いますので、那覇市銘苅のスマイルなごみ鍼灸整骨院で適切な治療を受けるようにしてください。

 

 

 

 

 

 

あと忘れてはならないのは、サーファーズイヤーです。

 

 

日本の冬や、北海道、東北地方ではよくおきます。

 

 

 

サーファーズイヤーとは、冬の冷たい水が耳に入り続けることで、耳の中の軟骨がそれを防ごうとせせり出してきて、耳をふさいでしまう。

 

 

それによって、耳が聞こえなくなったり、耳から水が抜けなくなったりする病気です。

 

 

このサーファーズイヤーになってしまったら、治療する方法は手術しかありません。

 

 

耳からメスを入れ、軟骨を切り取る。

 

 

このサーファーズイヤー、甘く見て冬でも耳栓をしない人が多く見られますが、気付いた時には遅く、そこから良くなるということはないので耳栓は確実にした方がいいでしょう。

 

 

耳栓の良いところは、サーファーズイヤーだけでなく、リップに頭を弾かれた時や、ワイプアウトして波に頭を叩きつけた時に、うっかり鼓膜が破れるというアクシデントがあります。

 

 

それを防ぐことが出来ます。

 

 

サーフィンをしていて鼓膜を破りましたが

 

「平衡感覚がなくなり、空が回っているようになる」

 

「真っ直ぐ歩けない」

 

などがあります。

 

 

 

耳栓は、サーファーの強い味方なので、これから寒くなってくる冬は特に気をつけてください。

 

 

那覇市新都心のスマイルなごみ鍼灸整骨院では、サーフィンの怪我の治療に強い鍼灸整骨院です。

 

 

 

沖縄の海は、リーフが多く怪我が多い海でもあります。

 

 

しっかり体のコンディションを整えて楽しいサーフィンを続けていきましょう!

 

 

 

首里と那覇市新都心に店舗があります。

 

 

リハビリでは、鍼灸治療、整体、超音波治療、テーピング、サポーター、温熱治療など様々な治療を体の状態に合わせ施術します。

 

 

腰痛、肩こり、首の寝違え、鍼灸治療、整体、マタニティマッサージ、交通事故治療、美容鍼灸、頭痛治療、自律神経治療、小児はり、学生・子供の治療など体に悩み、痛みがあるときはご相談下さい。

 

 

健康保険、労災保険、スポーツ傷害保険、自賠責保険など保険治療も受付をしています。

 

 

病院や、整形外科へ行く前にご相談下さい。

 

那覇市首里本院

 

 

 

月曜~土曜

 

10時~13時、15時~20時診療受付

 

 

休診

 

日曜、GW、年末年始、うーくい(旧盆)

 

駐車場10台完備

 

ゆいレール首里駅徒歩2分、那覇高速自動車道出口5分、首里中学校より徒歩1分

 

098-884-6161

 

HP 【首里 スマイル】で検索をお願いします。

 

メール smile_oki_sun@yahoo.co.jp

 

 

那覇市新都心なごみ店

 

  

 

 

月曜~土曜

 

9時~20時診療受付

 

休憩なしでお昼も施術が受けられます!

 

 

休診

 

日曜、GW、年末年始、うーくい(旧盆)

 

 

駐車場完備

 

ジミー那覇店隣り、環状2号線沿い、安岡中学校より徒歩2分

 

 

098-862-2080

 

HP 【なごみ スマイル】で検索をお願いします。

 

 

メール nagomi_oki_sun@yahoo.co.jp

 

 

スケボーで怪我をしてしまったときはスマイルなごみ鍼灸整骨院へ治療を

 

 

 

スケボーでケガが多い場所は、足首、すね、膝、手首などです。

 

 

スケートボードはスピードを出したり、階段をとびおりる、ハンドレールを滑り降りるなどしてスリルを楽しむことが出来る反面怪我のリスクも伴います。

 

スケボーが原因で起こる怪我の中には骨折、顔面打撲、頭部強打、最悪の場合死亡事故も報告されていますが、その原因のほとんどは車との接触事故や、高速で坂道を下るダウンヒルという危険な滑りをしている最中に起こったもので、純粋に技に失敗して死亡するといったことはほぼありませんし、気をつけていれば大きな怪我をすることも稀です。

 

 

 

 

上手く体重移動出来ずに着地し、足首に大きな負荷がかかると起こります。

 

歩行などの日常生活にも影響し、長い場合だと完治に1月ほど掛かる非常にやっかいな怪我です。

 

捻挫は、足首周辺の骨格をつなぐ靭帯という細かい筋肉が無理に引き延ばされることにより痛んでしまうことですが、これより酷いのが靭帯が切れてしまうこと(断裂/損傷)です。

 

これには非常に長期の治療が必要となりその後スケートはもちろん、その他のスポーツへの復帰も難しくなります。

 

こんな話をするとスケボーはやはり危険なスポーツだと感じるかもしれませんが、足首の捻挫の主な原因は準備体操やウォームアップなしの無理な滑りや自分のスキル以上のことを軽い気持ちで挑戦したりすることです。

 

 

転倒して

 

 

スポーツをされている方は特に捻挫を起こしやすいと言えます。

 

捻挫をしているのに、試合が控えているから…と、とりあえずテーピングなどで応急処置をして無理をしてスポーツを続けている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

きちんと完治させないと後遺症が残ってしまうことも御座いますので、那覇市首里汀良町のスマイルなごみ鍼灸整骨院で適切な治療を受けるようにしてください。

 

 

最初の処置が肝心です

 

 

 

シップと患部を固定するためのバンテージは必ず持ち歩くようにしましょう。

 

捻挫したら出来るだけ患部を動かさず、すぐにシップとバンテージで固定し早急に病院か整骨院で治療を受けてください。

 

通院した方が自力で直すより遥かに効率的で、靭帯を損傷していないかどうかなどの重度を知ることも出来ます。

 

 

治療中はスケボーに乗れず悶々とした気分が続くでしょうが、完治しない間にスケボーに乗ると再発してしまう可能性が高く、そうなると慢性的になりやすいので必ず完治するまで無理はしないようにしましょう。

 

捻挫を負ったときには、とにかく最初の処置が肝心です。

 

無理して動かしたりせずに、氷水などで十分に冷やしてあげて、安静にするようにしてください。

 

最初にどのような処置をしたのかによって、今後の状態が左右されるのです。

 

捻挫はお風呂で温めたり、マッサージをしたりは逆効果ですので気をつけてください。そしてお早めに那覇市首里汀良町のスマイルなごみ鍼灸整骨院にて治療をスタートさせましょう。

 

 

 

日常生活に支障のないような治療

 

 

急性期の捻挫の最適な治療というのは、安静にしておくということです。

 

本来ならばギプスなどで固定するのが良いのですが、それでは日常生活に支障をきたすことになってしまいます。

 

そのため、那覇市首里汀良町のスマイルなごみ鍼灸整骨院では、必要最低限の固定をおこない歩いたりするのには痛みもなく、動きの制限もないようにしていくことを心掛けています。

 

 

周りの状況をみて人がいないかを確認し、防具をつけて楽しく滑れるようにしていきましょう。

 

ソフトボールの怪我では上肢部が起こりやすいです。

 

 

ソフトボールには「上肢部」(手、指、肘、腕など)の怪我が起こりやすく、怪我の種類として「挫傷、打撲」が起こりやすいということです。

 

また、特に小中学生ではボールの直撃などによる「眼部」の怪我が多く、プレーの際にはこれらの怪我の特徴をよく確認しておくことが肝心です。

 

 

ソフトボールの怪我の年代的な違い

 

 

 

このように、ソフトボールで起こりやすい「怪我の種類」に年代的な差は見られませんでしたが、小中学生では「上肢部」と「顔部」が多い傾向が見られます。

 

高校生になると「顔部」の怪我の割合が減少し、「下肢部」への怪我の割合が多くなっています。

 

 

ソフトボールは、繰り返しの投球動作など特定の動きを繰り返すことによるケガが深刻です。

 

特に痛みが出やすいのは肩と肘で、「野球肩」・「野球肘」と言われる野球特有の肩や肘の痛みに悩まされる人も少なくありません。

 

「野球肩」は、肩に発生する様々な障害の総称です。

 

肩関節は構造が複雑で、インナーマッスル(深層にある筋肉)であるローテーターカフの損傷・アウターマッスル(表層にある筋肉)である上腕二頭筋や三角筋の損傷・関節の安静を保つ関節唇の損傷など、様々な原因により痛みが起こります。

 

また、一つのケガが他の関節や近接している筋肉の不調につながり、そのまま放置することでいくつかの障害を合併して発生することもあるので、早期に正確な診断をして治療を開始することが望まれます。

 

 

「野球肘」は正確には「上腕骨内側上顆炎(じょうわんこつないそくじょうかえん)」といい、肘の内側にある骨隆起の炎症です。

 

繰り返し行われる投球動作や不適切なフォームにより、肘の内側にストレスが加わり痛みを引き起こします。軽度の場合、投球時に痛みを感じる程度ですが、炎症がひどくなると運動後も痛みが引かず、日常生活でも痛みが出るようになります。

 

神経を痛めることも多く、手のしびれや握力の低下がみられることもあります。

 

特に注意が必要なのは、成長期に起きる肘の内側の痛みです。成長途中の未発達で柔らかい成長軟骨が、腱の伸張ストレスに耐えることができずに引き剥がされる状態で、リトルリーグ肘と呼ばれます。成人してからの「野球肘」よりも重症化することが多く、野球選手生命にも大きな影響を及ぼすので、痛みが消失するまで徹底して治療する必要があります。

 

 

肩が命と言われる野球選手も、バランス良くトレーニングや治療をしなければいけません。

 

もちろん、投球において肩は重要です。しかし、踏ん張るための下半身が弱いと、投球動作が安定せず、結果的に肘や肩に余分なストレスを加えてしまうことになるのです。

 

治療を受ける時も、必ず全身バランスよく治療するように心がけましょう。

 

 

 

スポーツをされている方は特に捻挫を起こしやすいと言えます。

 

捻挫をしているのに、試合が控えているから…と、とりあえずテーピングなどで応急処置をして無理をしてスポーツを続けている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

きちんと完治させないと後遺症が残ってしまうことも御座いますので、那覇市首里汀良町のスマイルなごみ鍼灸整骨院で適切な治療を受けるようにしてください。

 

 

「最初の処置が肝心です」

 

 

捻挫を負ったときには、とにかく最初の処置が肝心です。

 

無理して動かしたりせずに、氷水などで十分に冷やしてあげて、安静にするようにしてください。

 

最初にどのような処置をしたのかによって、今後の状態が左右されるのです。

 

捻挫はお風呂で温めたり、マッサージをしたりは逆効果ですので気をつけてください。

 

そしてお早めに那覇市銘苅のスマイルなごみ鍼灸整骨院にて治療をスタートさせましょう。

 

 

ビーチサッカーはサッカーやフットサルよりも怪我の頻発する種類が異なります。

 

 

砂浜での競技は地面からの反発力が少なく、捻挫や肉離れなどの怪我が少ないです。

 

 

ビーチサッカー:接触による怪我が多い(足の指の骨折や靭帯損傷など)

 

 

フットサル:捻挫、シンスプリントなどが多い(足首の捻挫やアキレス腱、膝靭帯など)

 

 

サッカー:捻挫、肉離れなど。全般的に多い。

 

 

ビーチサッカーでの怪我では足の指の怪我が特に多いです。裸足で行う球技なのでボールの衝撃が指にかかります。

 

足の指の突き指をしたときは、まず冷やして、テーピングなどで固定をして安静にしていきます。

 

 

そして、超音波治療、鍼灸治療などでしっかり治癒速度をあげます。

 

そしてパフォーマンスを落とさないように体の状態を整えていきます。

 

 

またシンスプリントなどのオーバーワークなどでおきた怪我のついては、鍼灸治療、整体で体の柔軟性をつけていきます。

 

 

日常生活に支障のないような治療

 

 

 

 

急性期の捻挫の最適な治療というのは、安静にしておくということです。

 

本来ならばギプスなどで固定するのが良いのですが、それでは日常生活に支障をきたすことになってしまいます。

 

そのため、那覇市首里汀良町のスマイルなごみ鍼灸整骨院では、必要最低限の固定をおこない歩いたりするのには痛みもなく、動きの制限もないようにしていくことが出来ます。

 

沖縄県はビーチサッカーの盛んな県です。そして環境や人口も多くいます。日本一のチームも在籍しています。

 

 

スマイルなごみ鍼灸整骨院ではビーチサッカーをやっている選手を応援しています。

 

是非体に困った時はスマイルなごみ鍼灸整骨院で治療をお願いします。

 

 

 

ボクシングで怪我をしてしまった時は、スマイルなごみ鍼灸整骨院まで

 

 

 

ボクシングでは、サンドバックへ打ち込み、スパーリング、減量、ロードワークなどとても体にとって過酷なスポーツです。

 

ボクシングや空手など、相手との間合いを測りつつ打撃を加えるような競技はとても体力のいる競技です。

 

それだけに、事前のストレッチは十分に行う必要があります。

 

フットワークで有酸素運動をしながら、急に打撃の無酸素運動を繰り返し行い、その急激な変化に対応するためにも、筋肉をほぐして関節なども柔軟にしておく必要があります。

 

 

指の骨折

 

 

 

ボクサー骨折

 

ボクサー骨折とは、自分の放ったパンチの衝撃によって自分の拳を痛めるもの。

 

一般的な好発部位は第4・5中手骨の頸部で、パンチ力が強い人の場合だと第2・3中手骨骨折を起こす場合もあります。

 

ボクシングのようにグローブをしていても、相手を殴った時の威力で自分の拳を痛めてしまうわけですから、なかなか対策も難しいところ。

 

空手でもグローブを使う流派もありますが、素手の流派もあるので、殴られた側の怪我だけでなく、殴った側も怪我をしてしまうのが競技特性ともいえるでしょう。

 

保存療法では、変形が起きないように矯正した状態で固定することになります。

 

整復が難しい場合は手術となりますが、鋼線を刺入するなどして内部で固定することになります。

 

パンチを打っても問題ないようになるには、半年程度練習を控えるケースが一般的です

 

 

パンチの打ち方の問題なのか、素人は薬指と小指が多いです!

 

①ナックル部分の腫れ②ナックル部分の盛り上がりがなくなり拳が潰れた状態になります。

 

よく中学生の頃、思春期なのか壁に八つ当たりして痛めている子が多くいます。

 

その時はすぐに冷やし病院でレントゲンを撮り首里にあるスマイルなごみ鍼灸整骨院にリハビリに行きましょう。

 

 

慣れた選手、プロ選手の指の骨折

 

 

ハードパンチャーな方ほど、人際し指と中指が多いです。

 

素人とは違い、拳の軌道がストレートの為最初に到達するのが人差し指となります。

 

骨折まで行かなくても、疲労骨折となるのも特徴的で治るまで長期間を要します。

 

 

痛くて拳が握れない!グーができない!

 

 

 

患部をよく冷やして、なるべく手は挙げて下さい。

 

腫れが増してきたら手を下げないようにして下さい。

 

そのままにしておくと、骨が変形してくっついたり、合併症で腱が損傷したり、曲げ伸ばしがやりにくくガクガクしたりしますので、整形外科でレントゲンを撮りに行きましょう。

 

 

十分にケアしないと、こちらも疲労の蓄積から捻挫などの怪我を負ってしまう可能性があります。

 

ボクシングに限らず、スポーツには常に怪我を負う可能性がついて回りますが、正しい対処法や休養によってその可能性を限りなくゼロに近付けることはできます。

 

練習も大事ですがそれと同等に休養も、ボクシングの上達には重要なのです

 

 

ボクシングなど格闘技のアフターケアはスマイルなごみ鍼灸整骨院まで

 

 

 

練習後のストレッチやマッサージはかなり重要です。疲労が蓄積してしまわないように、アイシングなど、こまめにフォローするようにしてください。

 

 

鍼灸治療、整体、超音波治療になど様々な治療方法があります。

 

常に安定したパフォーマンスでできるようにしっかりケアをしていきましょう。

 

 

ロードバイクは漕げば時速40キロ〜50キロはでてしまう乗り物です。気をつけてスピードが出過ぎないようにしなければなりません。

 

 

スピードが出すぎると不意に何かが飛び出してきた時に避けられなかったり、自分で転んだ時にもダメージが大きくなおります。

 

ロードバイクを漕ぎ過ぎると膝の関節がオーバーワークで痛みがでてきます。

 

 

大腿四頭筋の繰り返しの運動で腸脛靭帯の炎症がおきてきます。その際はしっかりとアイシングをしてストレッチが肝心です。そして続ける時はテーピングやサポーターをつけてバイクを漕ぎましょう。

 

他には股関節炎、腰痛なども発生してきます。

 

 

スマイルなごみ鍼灸整骨院では、クロスバイクの怪我に対して超音波治療、鍼灸治療、整体、骨盤矯正、スポーツマッサージなどをやっています。

 

 

沖縄県でもロードバイクの大会が多く開かれています。

 

 

 

 

TOUR DE OKINAWAです。

 

 

スマイルなごみ鍼灸整骨院では、TOUR DE OKINAWAを応援しています。世界中からの参加者がある大会です。

 

万全な状態で参加できるようにサポートしています。是非参加される方は那覇市那覇市銘苅のスマイルなごみ鍼灸整骨院で治療をお願いします。

 

 

 

痛みを抱えた状態でプレイを続けていると、なかなか思うような動きが出来なくなってしまい、プレイに支障が出てくることもあるでしょう。さらには日常生活でも痛みが出てきてしまうという方もいらっしゃるはずです。

 

決して我慢はせずに、スマイルなごみ鍼灸整骨院のスタッフにお任せください。

 

素早く痛みを取り除いて思い切りプレイ出来るようにしていきます。

 

体操では他のスポーツにあまりない両足同時の強い着地動作、体の過度の柔軟性からくる怪我があります。この時に怪我が多発します。

 

 

 

下肢の怪我では前十字靭帯、内側側副靭帯、半月板損傷、膝蓋骨脱臼、股関節炎、足首の捻挫、などがあり、膝では前十字靭帯損傷が多く、女子に多いです。

 

アキレス腱断裂も珍しくありません。

 

 

上肢の怪我では肩の腱板損傷、肩関節脱臼、肘関節の脱臼、軟骨炎、手首の腱鞘炎など、突き指、TFCC損傷と、手だけで体重を支えたまま回転や捻りの動作をするために起こるため身体の前屈、後屈を何度も繰り返すために発生する疲労性の腰痛、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症、腰椎すべり症など腰の痛みも多いです。

 

 

体操でのおすすめトレーニング

 

 

体操競技では、形の美しさが求められます。

 

美しさを出すためには安定力が必要になってきますが、その安定力を出すのは強靭な筋力です。

 

床、鉄棒、平行棒、平均台、あん馬など種目がたくさんあり、また動作も多岐に渡りますが、それぞれの動きについて安定力につながる筋力の部位があるので、研究されてみることはおすすめです。

 

例えば鉄棒など腕を使った競技での安定力は肩の筋肉、床で跳躍と着地を美しく見せるために体のばねを強化する下半身と体幹、回転を伴う動作を安定させるためには体幹の力が重要になります。

 

 

やせ形種目体操、女性の過剰なダイエットの危険

 

 

女性のスポーツ選手では、やせ形、低体重を要求される種目があります。

 

この体系を目指すために、摂食障害や生理不順といった症状がみられる場合があります。

 

摂食障害とは、文字通りに食べられない拒食症と過度に食べる過食症を合わせた障害です。

 

過食は拒食の反動で見られることが多く、いらいらや抑うつ、自己嫌悪など精神的な混乱があります。

 

体は、自分の行動で、体重の増減などの結果が目に見えるために、過度のコントロールに陥りやすいものです。

 

きっかけは太りたくない、という単純なものであっても、結果が出始めコントロールが過ぎると、自分でコントロールが止められない状況まで進んでしまうことがあります。

 

体の柔軟性は、関節の構造や関節周辺の筋肉、靭帯、腱などによって決まり、体の硬さは伸縮として対で働く筋力と硬さのバランスに左右されます。

 

つまり、体全体を柔らかくするためには、全身の筋力のバランスをとることが必要、ということになります。

 

 

 

 

柔軟性を上げるにはやはりストレッチが最も有用です。

 

 

スマイルなごみ鍼灸整骨院では、競技に合わせた治療や体の外と中の部分の治療をやっています。

 

とても瞬発的な動きが多く怪我が多いスポーツには、しっかりとした体のケアとトレーニングが必要です。整体、鍼灸治療、骨盤矯正などパフォーマンスを落とさない体作りをお手伝いします。

 

ネット予約


古島駅×鍼灸
【2018年5月時点】

不妊治療病院

小児科通院病院

産婦人科通院病院

痛み・症状の治療

  • 変形性膝関節症
  • 変形性股関節症
  • 薬や湿布、注射で治らない痛みの治療
  • スポーツ障害治療

    提携治療院

    埼玉県春日市ケアメディカル鍼灸整骨院

    東京都中央区サンメディカル鍼灸整骨院

    沖縄スマイル鍼灸整骨院

    桜モンデックス訪問マッサージ院

    市川大門鍼灸整骨院

    アイメディカル鍼灸整骨院

    仙台メディカル鍼灸整骨院

    キュアメディカル鍼灸整骨院

    医療法人セントペアレント石間

    伊波レディースクリニック

    提携学校

    フットサル東浜
    九州なでしこクラブ
    ソーフプライア
    きいやま商店
    粒
    鳥心

    交通事故提携法律事務所