MENU
TEL LINE

沖縄県那覇市銘苅 スマイルなごみ鍼灸整骨院

ヘッダー

2018年 1月

今日は 肩甲骨や背中の痛み についてお伝えします。

背中・肩甲骨の辺りが痛い
背中が張ってしまって 気持ちが悪い
重いものを持ったら 背中がグギッとなってしまった

という事はありませんか?

運転を長時間される方
立ちお仕事をされている方
デスクワークの方など
ずっと同じ姿勢で長時間過ごしておられる方に多くみられます。

同じ姿勢でずっとお仕事を続けていると、どうしても固まってしまいます。
そうすると 筋肉が疲労し血行不良を起こし 張ってきてしまいます。

また 運動不足で 筋肉をあまり使わないでいると 猫背になったり 筋肉が硬くなったりするので
張ってしまうこともあります。

背中が痛いと思ったら 原因は 腰 肩 など別の所が原因という場合もあります。

まずは、体を緩めてあげることが必要です。
ご自分で伸ばしてしまうと ピキー とかえって張ってしまうこともあるので
早めの来院をお勧めします。

お一人お一人に合った治療をさせて頂きます。

はいさい!

そろそろおきなわマラソンですね。 ランナーの方 応援をされる方 皆さん頑張ってください。

運動の途中で ひざを痛めてしまい来院される方も多くいらっしゃいます。

突然とくる膝の痛みについて今日はお伝えします。

グギッと痛めた時は 声も出ないくらい痛いですよね~(・_;)
膝痛は、非常に多い不調の一つです。最近では、若い人でも膝痛の問題で多く来院されています。
そもそも どうして膝が痛くなるのでしょうか?

老人でも太っている人でも、どんな激しい運動をする人でも、膝痛がない人は全くありません。 つまり、膝痛の原因は、年齢や体重・動作ではなく、その人の膝の使い方により起こってしまいます。 当院では、膝痛の多くの原因は、股関節の仕事を代役している事にあると考えています。

股関節は、人体の多くの関節の中でも、非常に大きく「回る」関節であり、「体重の3倍を支えられる」程強く、「筋肉と骨格のバランスを保つ」うえで、中心的な役割を果たしています。

しかし、膝は曲げるか、伸ばすかという単純な関節で股関節のように「回る」という機能はほとんどなく、体重を支えられるほど強い筋肉でもありません。 膝痛の人は、この優秀な股関節を十分に動かす事が出来ず、その結果、代役を膝が行い、本来、得意でない「体重を支える」「回る」動きをさせられ、不必要な力が加わり、摩擦により炎症が生じます。

 

すると、軟骨がすり減ったり、周囲の筋肉に負担をかけ痛みが出たり、炎症を抑えるために水が溜まったり、膝を変形させていきます。
では どのような治療をしますか?

 

膝痛は、単純に膝周りの筋肉を緩めたり、組織を取り替えても解決が難しいです。 当院では、膝痛を根本的に解決させるために、股関節に本来の働きを取り戻させ、同時に今までその代役を務めてきた膝周りの緊張を取り除いていきます。

 

また、膝痛専用のメソッド(体操)を指導します。悪い使い方が根本原因であるので、再び間違えた使い方をしないように訓練していくことで、早期改善・長期維持を可能とします。 膝痛は、ほっておくとドンドンひどくなり、変形を助長させていきます。

 

あまりに変形が強い場合には、改善が難しい場合があります。膝痛の施術は、出来るだけ早いうちに始める方が良いと思われます。 再び元気に歩けるように全力で応援致します!!

 

早めの来院をおすすめします。

 

ネット予約


古島駅×鍼灸
【2018年5月時点】

不妊治療病院

小児科通院病院

産婦人科通院病院

痛み・症状の治療

  • 変形性膝関節症
  • 変形性股関節症
  • 薬や湿布、注射で治らない痛みの治療
  • スポーツ障害治療

    提携治療院

    埼玉県春日市ケアメディカル鍼灸整骨院

    東京都中央区サンメディカル鍼灸整骨院

    沖縄スマイル鍼灸整骨院

    桜モンデックス訪問マッサージ院

    市川大門鍼灸整骨院

    アイメディカル鍼灸整骨院

    仙台メディカル鍼灸整骨院

    キュアメディカル鍼灸整骨院

    医療法人セントペアレント石間

    伊波レディースクリニック

    提携学校

    フットサル東浜
    九州なでしこクラブ
    ソーフプライア
    きいやま商店
    粒
    鳥心

    交通事故提携法律事務所