MENU
TEL LINE

沖縄県那覇市銘苅 スマイルなごみ鍼灸整骨院

ヘッダー

2017年 7月

こんにちは(*^_^*)

夏休みに入り 旅行やスポーツを楽しまれる方も多くいらっしゃると思います。

気をつけていても
捻挫をしてしまったら・・・(*_*;
どうしたら良いのでしょうか?

一瞬のことなのに 激痛で・・・歩けない・・・のは本当にストレスですね
一日でも早く治って欲しいものですよね。

捻挫を悪化させないために 守っていただきたいことがあります。

ケガをした直後は、 絶対に温めないでください。

お風呂に入ったら楽になった~。良かった~(#^.^#)  と思うかもしれませんが 大変な間違いです。
かえって捻挫の痛みや腫れを悪化させてしまいます。

安静にすること 冷すこと 固定すること  これが 捻挫の応急処置です。

そして 早めに受診してください。
たかが捻挫 と思わずに・・・捻挫は 意外とやっかいなものなんです⤵

捻挫が癖になってしまわないよう、後遺症に苦しむことのないように きちんと治療してくださいね。

スマイルなごみ鍼灸整骨院へお気軽にご相談下さい(^^)

こんにちは!!

今日は 肩甲骨や背中の痛みについてお伝えしますね~(^O^)

背中・肩甲骨の辺りが痛い

背中が張ってしまって 気持ちが悪い

重いものを持ったら 背中がグギッとなってしまった

という事はありませんか?

運転を長時間される方

立ちお仕事をされている方

デスクワークの方など

ずっと同じ姿勢で長時間過ごしておられる方に多くみられます。

同じ姿勢でずっとお仕事を続けていると、どうしても固まってしまいます。

そうすると 筋肉が疲労し血行不良を起こし 張ってきてしまいます。

また 運動不足で 筋肉をあまり使わないでいると 猫背になったり 筋肉が硬くなったりするので

張ってしまうこともあります。

背中が痛いと思ったら 原因は 腰 肩 など別の所が原因という場合もあります。

まずは、体を緩めてあげることが必要です。

ご自分で伸ばしてしまうと ピキー とかえって張ってしまうこともあるので

早めの来院をお勧めします。

お一人お一人に合った治療をさせて頂きます。

お気軽にご相談ください!

こんにちは(^^)/

 

今日は ぎっくり腰についてお伝えします。

ぎっくり腰を起こさないために どうしたらいいですか?

ぎっくり腰(急性腰痛)は、理由があって起こると言われています。

“筋肉が緊張状態にある”と起こしやすいんです。

筋肉は疲労すると、疲労物質が筋肉に溜まります。
その疲労物質がなくならないうちに、また 疲労が積み重なると どんどん 疲労物質が溜まってしまい、それが筋肉の緊張状態を作ります。緊張が続き血行不良になってしまうと ぎっくり腰になってしまう可能性が高くなってしまいます。

予防として ゆっくりお風呂に入り お風呂上りに ストレッチをしてほぐしてあげてください。心のリラックスも大切です。体の為に 心と体の緊張状態をほぐしてあげましょう。

筋肉の緊張状態は、腰痛の原因にもなってしまいます(-_-;)

こんなことはありませんか?

● 朝、起きた時に直ぐに動きにくい。ぎっくり腰を起こしやすい時間です。
● 朝、靴下が履きにくい。突っ張る感じがする。
● 朝、洗顔しにくい。腰に違和感を感じる。

このような症状が 何日も続くようなら筋肉が緊張状態にあるのかもしれません。

グギッと痛めてしまう前に、早めの来院をお勧めします(^O^)

 

暑い日が続いていますが、熱中症にはくれぐれも気をつけて

良い週末をお過ごし下さい(*^_^*)

こんにちは(*^_^*)

暑い日が続いていますが、お変わりありませんか?

よく言われていることですが、熱中症予防に役立つことを 今日はお伝えします。

体調が悪い時には 特に注意しましょう。
体調が悪いと体温の調節能力が低下してしまい、熱中症につながりやすくなります。

疲労や風邪など、体調の悪い時に 日中の暑い時間の外出は控えてください。

こまめに 水分と塩分を取りましょう。
寝ている間にも 汗はかきます。寝る前にも水分補給をしましょう。

朝食は 必ず食べましょう。

冷房を使って温度調節をしましょう。室内でも熱中症になります。

食事、運動、休息をバランスよくとって、熱中症にならないように気をつけましょう。

普段からの体調管理が大切です。お気軽にご相談ください

 

当然のことながら、ほとんどの方は
交通事故の被害に遭われるのが初めての経験になるかと思われます。

良くお聞きする、事故直後のお気持ちが・・・

「何をすればよいかわからなかった・・・」
というものです。

必ずしていただきたいことがあります。

①   事故の相手の方の連絡先を聞いてください。(氏名・電話番号)
②   警察を呼んでください。
・・・警察を呼んでいなければ、事故証明が発行されず
治療の補償を受けられなくなることがあります。
③   保険会社の事故受付センター もしくは保険代理店様に
・・・お車の中にある「任意保険」の書類に目を通しお電話をしてください。
④   当院にご連絡ください。

治療開始に際し、当院は患者様がご心配なく保険会社と
やり取りができますようお手伝いいたします。

ご安心いただき、まずはご相談を☆

突然肩が上がらない(+_+)”
“もう痛くて何もできない(>_<)”  “衣服の脱ぎ着もできない(*_*;” “背中がかゆいのに・・・かけない(@_@)”  
という四十肩 五十肩についてお知らせします。

40代~60代に発症するケースが多く、40代に発症すれば四十肩、50代以上になると五十肩と呼ばれます。
昨日何をしたとから痛くなったに関係なく、ある日突然 違和感が出てしまいます。変だな~と思っていても そのうち治るだろうと思っておられる方が多いようです。でも だんだんと痛くなり、どうしようもなくて~ 限界だ~ ということで来院に来られる方が多いです。

原因は、・肩関節周りの筋肉が硬くなり、動かせる範囲が狭くなってしまっている場合
・筋肉に炎症が起こって痛みが生じ動かしづらくなっている場合     などなどです。

どのように治療しますか?
まずは、背骨や肩関節周りの骨のずれをチェックさせていただきます。骨のずれは、筋肉や靭帯のバランスを崩してしまい痛みを増す原因となってしまいます。ですから ずれてしまっている場合、そのずれを矯正させてもらいます。
お一人お一人の症状に合わせて その方に合った様々な治療法をさせていただきます。
残念ながら、四十肩・五十肩の治療は長期戦となります。1、2回の治療で治ることはまずありません。痛みが感じなくなるまで半年から一年かかります。スタッフ一同 精一杯治療させていただきますので、あきらめずに一緒に治していきましょう。

暑い日が続いていますが、お変わりありませんか?
どうぞこまめな水分・塩分補給にお気を付けください。
のどが乾いた~と思った時には、
遅いのでこまめに補給して熱中症を予防しましょう。
 
 
今日は、スポーツに伴うお怪我について お伝えします。
 
お怪我の種類
スポーツ外傷-スポーツ中の捻挫、脱臼、骨折
スポーツ障害-スポーツによって繰り返し負荷がかかり、痛みや違和感のあるもの
 
外傷はすぐに治療される方が多いのですが、
障害の方は徐々に痛みが出るため本人も周りも気づかないまま悪化させてしまうことが多いようです。
 
なんだか違和感があるな~? と思ったら、
どうぞ早めに お気軽にご相談ください。
 

今日は後から痛みが来る むち打ちについてお知らせします。
「むち打ち」とはいったい何なのでしょう?
そして、何故どのように「むち打ち症」になるのでしょう?
直接の原因には、
 
外からの強い衝撃
不意を突かれた状態での衝撃
身構えることのできないような速い衝撃      などがあります。
 
これらは日常の中で頻繁に遭遇するものではありませんが、代表例としてよく知られているのが交通事故による「むち打ち損傷」です。
むち打ちによる外傷は、筋肉がショックを和らげるための防御をする間もなく衝撃が首を伝わることで、頸椎(=首の骨)に直接ダメージを与えてしまうのが最大のポイントです。そのため頸椎に強い炎症を起こし、それが首の痛みや腕・手のしびれの原因となります。
 


たかが「むち打ち」、されど「むち打ち」そのまま放っておくとコワイことに。
 
しばらくしたら良くなるだろう・・とか、無理さえしなければ大丈夫・・とか、「むち打ち症」についての勝手な思い込みはとても危険です。初期段階では首・肩のハリ感や軽度の疲労感だけであったとしても、次第に腕や手のしびれ、頭痛、めまい、腰痛、脚のしびれ等、様々な症状を引き起こしかねません。さらに、そのまま放置すると、こうした症状が全身化、もしくは慢性化。中には受傷後から長期間、最悪の場合は数十年経っても症状が治まらないと訴える方もいます。
 
Ø  追突されて数日間は無症状だったが、最近になって首・肩にハリ感が出てきた。
Ø  首を動かした時に筋が突っ張る。
Ø  首や肩が熱っぽい。
Ø  手や足にしびれ、またはだるさがある。
Ø  顎に違和感や痛みがある。または口が開けづらい。
Ø  手や足にしびれ、またはだるさがある。
 
もしこのように思い当たることがございましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

今日は、交通事故後の治療場所はご自分で選べることについてお伝えします。
 
むち打ちの治療は、精密検査を受けた病院にそのまま通わないといけないと思われている方が多くいらっしゃいます。
病院でレントゲンを撮って「異常ありません」と言われ、痛み止めや湿布を渡され 
良く分からないリハビリの機械をあてるだけというケースがあるようです。
 
でも   気持ち悪いし 
首筋、背中、肩は痛くて~ また 張ってしまいどうしようもない(*_*;
耳鳴りがするし・・・
頭が痛くて~ 
めまいがする(@_@)
 
〝でもお医者さんに異常なしと言われてしまったし・・・〟
〝他の病院を変えるなんて出来るの?〟
〝診察してもらったのに他に行くなんて申し訳ない〟
 


 
具合悪いうえに 分からないことの多いのが交通事故・・・
 
たかが「むち打ち」、されど「むち打ち」そのまま放っておくとコワイことに。
 
しばらくしたら良くなるだろう・・とか、
無理さえしなければ大丈夫・・とか、
むち打ち症についての勝手な思い込みはとても危険です。
治療が遅れると後遺症に悩まされることもあります。
 
分からないことは 何でもご相談ください。
治療内容、保険会社への連絡方法などご説明させていただきます。

 

ネット予約


古島駅×鍼灸
【2018年5月時点】

不妊治療病院

小児科通院病院

産婦人科通院病院

痛み・症状の治療

  • 変形性膝関節症
  • 変形性股関節症
  • 薬や湿布、注射で治らない痛みの治療
  • スポーツ障害治療

    提携治療院

    埼玉県春日市ケアメディカル鍼灸整骨院

    東京都中央区サンメディカル鍼灸整骨院

    沖縄スマイル鍼灸整骨院

    桜モンデックス訪問マッサージ院

    市川大門鍼灸整骨院

    アイメディカル鍼灸整骨院

    仙台メディカル鍼灸整骨院

    キュアメディカル鍼灸整骨院

    医療法人セントペアレント石間

    伊波レディースクリニック

    提携学校

    フットサル東浜
    九州なでしこクラブ
    ソーフプライア
    きいやま商店
    粒
    鳥心

    交通事故提携法律事務所