MENU
TEL LINE

沖縄県那覇市銘苅 スマイルなごみ鍼灸整骨院

ヘッダー

マラソン

スポーツ障害

 

 

スポーツ障害とは

 

スポーツ障害とは

スポーツ障害とは、運動によって起こる体の故障のことです。身体に無理な負担をかけると打撲や捻挫・筋の炎症・骨折の怪我だけでなく後遺症など障害が残る場合もあるのです。

 

 

スポーツ障害は、大きくは外傷と障害に分けられます。

 

外傷
捻挫、肉離れ、腱断裂、脱臼、骨折等、一度に強い外力が加わることにより生じるものを指します。
障害
特定の部位に繰り返し外力が加わり軟部組織を損傷するもので、野球肘、野球肩、ランナー膝等と呼ばれているものがこれにあたります。
※スポーツ障害とスポーツ外傷を合わせて、スポーツ傷害と呼ぶ場合もあります。

スポーツ障害の主な部位と種類

 

 

むち打ち症等
野球肩、リトルリーガーショルダー等
野球肘、テニス肘等
腰椎分離症・すべり症、梨状筋症候群等
ジャンパー膝、サッカー膝、ランナー膝、オスグッド・シュラッター病、タナ障害、腸脛靭帯炎、分裂膝蓋骨等
シンスプリント、アキレス腱炎等
足底筋膜炎、踵骨骨端症等

競技別に探せる!スポーツ障害事例集

 

 

野球
  • 野球肩

 

  • 野球肘

 

  • 投球障害

 

  • シンスプリント

 

  • 腰痛

 

  • ヘルニア分離症

 

  • すべり症

 

  • インピンジメント

 

バレーボール
  • ジャンパー膝

 

  • 足首の捻挫

 

  • シンスプリント

 

  • 足底筋膜炎

 

  • 指の骨折

 

  • 指の脱臼

 

  • 肉離れ

 

  • 打撲

 

  • インピンジメント

 

バスケットボール
  • ジャンパー膝

 

  • 足首の捻挫

 

  • シンスプリント

 

  • 突き指

 

  • 足底筋膜炎

 

  • 肉離れ

 

  • 打撲

 

ソフトボール
  • 野球肩

 

  • 野球肘

 

  • 投球障害

 

  • シンスプリント

 

  • 腰痛

 

  • ヘルニア

 

  • 分離症

 

  • すべり症

 

  • インピンジメント

 

サッカー
  • 足首の捻挫

 

  • 半月板損傷

 

  • 靭帯損傷

 

  • 打撲

 

  • 肉離れ

 

ラグビー
  • 骨折肩の脱臼

 

  • 捻挫

 

  • 打撲

 

  • 肉離れ

 

  • 十字靭帯

 

  • 側副靭帯損傷

 

  • 半月板損傷

 

テニス
  • テニス肘

 

  • インピンジメント

 

  • シンスプリント

 

陸上
  • ランナー膝

 

  • ジャンパー膝

 

  • シンスプリント

 

  • 足底筋膜炎

 

  • 外脛骨炎

 

卓球
  • シンスプリント
バドミントン
  • テニス肘

 

  • 肩の障害

 

柔道
  • 捻挫

 

  • 打撲

 

  • 脱臼

 

剣道
  • 肩の障害

 

  • 腰の障害

 

  • 膝の障害

 

スポーツ障害の治療法

 

 

スポーツ障害とは
スポーツ障害を生じた場合、症状にもよりますが、基本的にはRICE処置を施します。
RICEとは休息(Rest)冷却(Ice)圧迫(Compression)挙上(Elevation)の略です。

休息(Rest)

 

 

患部を包帯などで固定し安静にさせます。

冷却(Ice)

 

 

患部を氷嚢などで冷やし組織の血管を収縮させ腫れや炎症を抑えます。

圧迫(Compression)

 

 

患部を包帯やサポーターなどで圧迫することにより内出血や腫れを抑えます。

挙上(Elevation)

 

 

患部を心臓より高く上げることによりリンパの流れをよくして腫れを抑えます。

また、関節可動制限がある場合はその関節を矯正することで、治癒期間の短縮が期待できます。

 

 

例えばテニス肘の場合、肘だけを診るのではなく肘関節と連動して動く背骨と肩甲帯(上腕骨、鎖骨、肩甲骨、肋骨)の関節可動制限を回復させることで、 より短期間に治癒することが多いです。

 

 

人の体は一見痛む部分だけが悪いように思われがちですが、

 

 

関節、筋肉等、 いろいろな部分でつながりがあり、連動して働いているのです。

 

 

スポーツ障害で最も大事なのは、無理なトレーニングをせず、自分の能力にあったトレーニングを行うことです。

 

 

そして、異常を感じたら直ちに運動を中止し、整骨院、整形外科等を受診することです。

 

 

当院では、様々なスポーツ障害(野球肘・ランナー膝・シンスプリント等々)に対応しておりますので、お困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

ダイエットや健康維持のためにマラソンを始めたのに、腰や膝、足首などを傷めてしまうという方も少なくありません。身体を壊してしまっては、全くの逆効果ですので、そうならないようにするポイントや、痛みを感じたときの治療などについてご説明します。

まず、日頃からあまり運動をされていなかった方が気合を入れてマラソンをすると、自分の筋力以上の力が身体のあちこちに負担となってかかってしまい痛みだしたり、正しいフォームで走れていないために痛みが出てきたりするのです。また、一度に身体に無理をさせてしまうということも原因の一つになります。

はいさい!

そろそろおきなわマラソンですね。 ランナーの方 応援をされる方 皆さん頑張ってください。

運動の途中で ひざを痛めてしまい来院される方も多くいらっしゃいます。

突然とくる膝の痛みについて今日はお伝えします。

グギッと痛めた時は 声も出ないくらい痛いですよね~(・_;)
膝痛は、非常に多い不調の一つです。最近では、若い人でも膝痛の問題で多く来院されています。
そもそも どうして膝が痛くなるのでしょうか?

老人でも太っている人でも、どんな激しい運動をする人でも、膝痛がない人は全くありません。 つまり、膝痛の原因は、年齢や体重・動作ではなく、その人の膝の使い方により起こってしまいます。 当院では、膝痛の多くの原因は、股関節の仕事を代役している事にあると考えています。

股関節は、人体の多くの関節の中でも、非常に大きく「回る」関節であり、「体重の3倍を支えられる」程強く、「筋肉と骨格のバランスを保つ」うえで、中心的な役割を果たしています。

しかし、膝は曲げるか、伸ばすかという単純な関節で股関節のように「回る」という機能はほとんどなく、体重を支えられるほど強い筋肉でもありません。 膝痛の人は、この優秀な股関節を十分に動かす事が出来ず、その結果、代役を膝が行い、本来、得意でない「体重を支える」「回る」動きをさせられ、不必要な力が加わり、摩擦により炎症が生じます。

 

すると、軟骨がすり減ったり、周囲の筋肉に負担をかけ痛みが出たり、炎症を抑えるために水が溜まったり、膝を変形させていきます。
では どのような治療をしますか?

 

膝痛は、単純に膝周りの筋肉を緩めたり、組織を取り替えても解決が難しいです。 当院では、膝痛を根本的に解決させるために、股関節に本来の働きを取り戻させ、同時に今までその代役を務めてきた膝周りの緊張を取り除いていきます。

 

また、膝痛専用のメソッド(体操)を指導します。悪い使い方が根本原因であるので、再び間違えた使い方をしないように訓練していくことで、早期改善・長期維持を可能とします。 膝痛は、ほっておくとドンドンひどくなり、変形を助長させていきます。

 

あまりに変形が強い場合には、改善が難しい場合があります。膝痛の施術は、出来るだけ早いうちに始める方が良いと思われます。 再び元気に歩けるように全力で応援致します!!

 

早めの来院をおすすめします。

 

先週日曜日にNAHAマラソンがありました。

気温28度と熱い中でのマラソンとなりランナーのみなさんは、大変だったのではないでしょうか!!

ゴールしたみなさんお疲れ様でした、ゴールできなかった皆さん来年頑張りましょう(^◇^)

本日は、ランニングで発生しやすいトラブル『踵(かかと)編』についてご紹介します。

【かかとの後ろ側が痛い】

(アキレス腱炎・アキレス周囲炎)

アキレス腱とは、「ふくらはぎの筋肉(腓腹筋・ヒラメ筋)」と「踵の骨」を繋ぐ腱です。

「アキレス腱炎」とは、アキレス腱の微細な部分断裂により炎症が発生している状態です。

ランニングなどによる足の筋肉の疲労により、「アキレス腱」または「アキレス腱周辺」に痛みが発生します。

アキレス腱炎の原因
・硬い路面でのランニング

・靴による踵の圧迫

鍼灸マッサージ治療による対応
「ふくらはぎの筋肉やアキレス腱の柔軟性を回復させる」「炎症を抑える」「痛みを和らげる」目的で、鍼灸やマッサージを行います。

【踵の後ろ側が腫れて痛い】
滑液包炎
滑液包とは関節付近にある「少量の液体(滑液)を含んだ袋」の事です。

滑液包は「皮膚・筋肉・腱・靱帯etc.」と「骨」との間にあり、摩擦を軽減したり、衝撃を吸収する役割があります。

滑液包は、「圧迫や摩擦」により炎症を起こすと、袋の中の滑液が増えて、腫れます。

踵にある滑液包
「アキレス腱」と「踵の骨の間」には、「滑液包(アキレス腱前滑液包)」があります。
また、何らかの原因により、「踵の皮膚」と「アキレス腱の間」に「滑液包(アキレス腱後滑液包)」が形成されることがあります。

踵骨滑液包炎の原因
・靴:踵の部分が硬い
・足の筋肉疲労:立ちっぱなし、歩き過ぎ、ランニングetc.
・硬い路面でのランニングやジャンプ

鍼灸マッサージ治療
「アキレス腱や硬くなった筋肉の緩和」「炎症を抑える」「痛みを和らげる」目的で鍼灸治療やマッサージ(ストレッチ含む)を行います。

【足の裏のかかと部分が痛い】

(足底筋膜炎

足底筋膜とは?
「足底筋膜」とは「足の裏(踵~5本の指の付根にかけて)」にある扇型をした丈夫な繊維から成る膜です。
足底筋膜は、「土踏まず(縦のアーチ)」の形成に関係していて、足底筋膜が「伸び縮み」する事で、アーチの高さが変わり、ランニングやジャンプなどの衝撃を吸収してくれます。

足底筋膜炎とは?
足底筋膜に過度の負担がかかり、炎症を起こしたものを足底筋膜炎といいます。
足底筋膜は、踵の部分に「小さな亀裂」が生じ易く、踵に痛みを感じます。

足底筋膜炎の症状
・朝起きて立ち上がった時に、踵が痛い

足底筋膜炎の原因
・運動し過ぎ
・ランニング、ジャンプのしすぎ
・歩き過ぎ
・体重が重い

足底筋膜炎に対する鍼灸治療
「硬くなった足の筋肉の緩和」「炎症を早く治める」「痛みを和らげる」目的で、鍼灸治療やマッサージ(ストレッチ含む)を行います。

足底筋膜炎の予防法
★踵用の中敷きを使う★
足底板を入れて、足底筋膜の負担を減らします。
★足底筋膜のストレッチをする★
足底筋膜は、指の付根に付着しているので、指を反らす事で「足底筋膜」を伸ばす事ができます。
足首を少し反った状態で、「足の親指~中指まで」を、足の甲に向かって20~30秒間反らせして下さい。※足の親指を反らした状態で、足底の真ん中辺りに「硬い筋(足底筋膜)」を触れる事ができます。

 

 

どの部分が痛むにしろ、「ランニングを中止する!!」
「マッサージなどで足全体の筋肉を解す!!」
「痛い部分は、冷やす・鎮痛剤・湿布・鍼などの対処をし、過度に刺激しない
事を守れば、治まります。

 

(お問い合わせ)
◎銘苅なごみ整骨院 098-862-2080

【院長】 渡久地 繁

【住所】〒900-0004 沖縄県那覇市銘苅3-8-11 ジミー那覇店隣り

【TEL】 098-862-2080

【休診日】 水曜日の午後・日曜日・祝祭日

楽しくマラソンを続けるために沖縄県那覇市銘苅 スマイルなごみ鍼灸整骨院にて治療

ダイエットや健康維持のためにマラソンを始めたのに、腰や膝、足首などを傷めてしまうという方も少なくありません。身体を壊してしまっては、全くの逆効果ですので、そうならないようにするポイントや、痛みを感じたときの治療などについてご説明します。

まず、日頃からあまり運動をされていなかった方が気合を入れてマラソンをすると、自分の筋力以上の力が身体のあちこちに負担となってかかってしまい痛みだしたり、正しいフォームで走れていないために痛みが出てきたりするのです。また、一度に身体に無理をさせてしまうということも原因の一つになります。

もし痛みを感じたときには決して無理をしてはいけません。お早めに沖縄県那覇市銘苅 スマイルなごみ鍼灸整骨院にて治療をおすすめいたします。
痛みを早く取り除くことはもちろんのことですが、身体のバランスを調整することによって今後痛みが出ないように予防にもつながります。また、身体のバランスが整うと正しいフォームで走ることが出来るようになります。
マラソンは上手におこなえばとても健康に良いですし、ダイエット効果も抜群です。長く続けられるように、沖縄県那覇市銘苅 スマイルなごみ鍼灸整骨院にて身体の調子を整えていきましょう。

(お問い合わせ)

◎銘苅なごみ整骨院    098-862-2080

【院 長】渡久地 繁

【住 所】〒900-0004 沖縄県那覇市銘苅3-8-11 ジミー那覇店隣り

【TEL】 098-862-2080

【休診日】 日曜、祝祭日

【駐車場】 Jimmy 駐車場内4台~

マラソンによる怪我

楽しくマラソンを続けるために沖縄県那覇市銘苅 なごみ整骨院にて治療

ダイエットや健康維持のためにマラソンを始めたのに、腰や膝、足首などを傷めてしまうという方も少なくありません。身体を壊してしまっては、全くの逆効果ですので、そうならないようにするポイントや、痛みを感じたときの治療などについてご説明します。

まず、日頃からあまり運動をされていなかった方が気合を入れてマラソンをすると、自分の筋力以上の力が身体のあちこちに負担となってかかってしまい痛みだしたり、正しいフォームで走れていないために痛みが出てきたりするのです。また、一度に身体に無理をさせてしまうということも原因の一つになります。

もし痛みを感じたときには決して無理をしてはいけません。お早めに沖縄県那覇市銘苅 なごみ整骨院にて治療をおすすめいたします。
痛みを早く取り除くことはもちろんのことですが、身体のバランスを調整することによって今後痛みが出ないように予防にもつながります。また、身体のバランスが整うと正しいフォームで走ることが出来るようになります。
マラソンは上手におこなえばとても健康に良いですし、ダイエット効果も抜群です。長く続けられるように、沖縄県那覇市銘苅 なごみ整骨院にて身体の調子を整えていきましょう。

(お問い合わせ)

◎銘苅なごみ整骨院    098-862-2080

【院 長】渡久地 繁

【住 所】〒900-0004 沖縄県那覇市銘苅3-8-11 ジミー那覇店隣り

【TEL】 098-862-2080

【休診日】 日曜、祝祭日

【駐車場】 Jimmy 駐車場内4台~

ネット予約


古島駅×鍼灸
【2018年5月時点】

不妊治療病院

小児科通院病院

産婦人科通院病院

痛み・症状の治療

  • 変形性膝関節症
  • 変形性股関節症
  • 薬や湿布、注射で治らない痛みの治療
  • スポーツ障害治療

    提携治療院

    埼玉県春日市ケアメディカル鍼灸整骨院

    東京都中央区サンメディカル鍼灸整骨院

    沖縄スマイル鍼灸整骨院

    桜モンデックス訪問マッサージ院

    市川大門鍼灸整骨院

    アイメディカル鍼灸整骨院

    仙台メディカル鍼灸整骨院

    キュアメディカル鍼灸整骨院

    医療法人セントペアレント石間

    伊波レディースクリニック

    提携学校

    フットサル東浜
    九州なでしこクラブ
    ソーフプライア
    きいやま商店
    粒
    鳥心

    交通事故提携法律事務所